<< HOME /   

AUF DEM SCHWARZEN KANAL

●オリジナル盤EP『AUF DEM SCHWARZEN KANAL』



リリース元: RCA (PC 5908 1980年)

side one:
1. Auf Dem Schwarzen Kanal (3:13)
2. Fabrik (3:57)
side two:
1. Der Wagen Der Rollt (3:21)
2. Elektroklang (4:00)

Conさんが『Con2』とも呼んでいた本作『Auf dem schwarzen Kanal』は、RCAの「スーパー・サウンド・シングル ディスコ・リミックス」シリーズの1タイトルとして、プロデューサーにジャズミュージシャンのUlli A. Rützelを迎え、1980年にリリースされました。”ディスコ・リミックス”の名のとおり、収録された4曲はいずれもビートを利かせた「ノリ重視」の曲です。4曲目"Elektroklang"は、なんと7拍子です。4曲すべてConさんのボーカル付きですが、『CON 3』のようなメロディアスな歌ものではありません。

本作には、ポップではない他のCon作品で使用されているようなサウンドが、効果音として随所に盛り込まれています。なお、"Fabrik"と"Elektroklang"はヴォルフガング・ザイデルさんとの共作となっています。("Fabrik"の別バージョン2つが、ザイデルさんのバンドPopuläre Mechanikのカセット作品『no 2』に収録されていて、それらはPopuläre Mechanikの編集盤CD/LP『KOLLEKTION 03』にも収録されています。また、"Elektroklang"の短いリミックス・バージョンが、カセット作品『Sequenza』に"oh"として収録されています。)

●CD-R『CON 3』再発盤 (MECANO独占販売)

Con3

MECANO独占販売のCD-R『CON 3』には、『AUF DEM SCHWARZEN KANAL』全4曲が収録されています。(ただし、"Auf Dem Schwarzen Kanal "、"Fabrik"、"Elektroklang"のバージョンと"Der Wagen Der Rollt"のミックスは、オリジナルEP盤とは異なります。)

●CD『CON 2+』リマスター盤

Con 2+

CON 2+』には、『AUF DEM SCHWARZEN KANAL』全4曲が収録されています。(バージョンはCD-R再発盤と同じで、オリジナルEP盤とは違いがあります。)

●コンピレーション 『Deutsche Elektronische Musik



2010年にリリースされたコンピレーションDeutsche Elektronische Musikには、タイトル曲の"Auf Dem Schwarzen Kanal"(オリジナルEP盤バージョン!)が収録されています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:44 AM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /   


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY