<< HOME /    OLDER >

Conrad Schnitzler / Wolfgang Seidel 『CONSEQUENZ 010B』



リリース元: Mirror Tapes (2011年3月19日)
リリース数: 250

Side 1: (31:44)
Side 2: (32:04)

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさんが、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2010年制作の作品『CONSEQUENZ010B』。本作は、マレーシアのクアラルンプールを拠点とするMirror Tapesより65分のカセットテープで正式リリースされました。

内容的には、電子音とパーカッション、ピアノ音、オルガン音などを用いたフリーアートの小作品集で、3~5分程度の短いトラックが、A・B面に各8トラックずつ(計16トラック)収録されています。ただし、収録されたトラックの曲名や曲数などの情報は一切記載されていません。本作を聴けば、2007年以降リリースされたConsequenz作品の作風がつかめると思います。

本作品は、2008年に閉鎖された旧ベルリン・テンペルホーフ国際空港の使われなくなった地下の一室(特設スタジオ)で制作されました。ジャケットのカードには制作時の写真が掲載されています。

| Consequenz::音楽作品解説 | 11:48 PM | comments (0) | trackback (0) |

CDR: Consequenz / CONSEQUENZ 010/A



プライベート・リリース (2011年2月20日)

1-26

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさんが、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2010年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 010/A』。弦をガリガリ引っかく音で始まる本作は、様々な種類の生パーカッション、鉄琴といったアコースティック・サウンドにピアノや電子音を融合させたもの。(ただし、後半ではバイオリンも使用されています。)全体的に少しエコーが掛ったサウンドの場は、幻想的な雰囲気を醸し出していますが、作風はKのKluster(クルスター)の発展形といった感じで、たまに、なんとなくメロディーっぽい要素も入ります。なお、前半から中盤にかけては、しばしばワイルドなサウンドも入りますが、後半からエンディングに向けては、少しゆったり目な感じに移行していきます。約60分ノンストップのフリーアート作品。

| Consequenz::音楽作品解説 | 10:46 AM | comments (0) | trackback (0) |

CDR: Consequenz / CONSEQUENZ 2.12.09 - SONDERFLÜGE ABFERTIGUNG B



プライベート・リリース (2011年2月20日)

1-31

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさん(クレジット名はヴォルフ・シークエンツァ)が、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2009年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 2.12.09 - SONDERFLÜGE ABFERTIGUNG B』。

ボコボコいうサウンドで始まる本作は、ちょっとカオス感が漂う幻想的なノイズの中で、ビートが様々に変移していく約60分ノンストップの作品です。メロディーと呼べるものはありません。
ビートは、弦楽器の短いアタック音の4つ打ちに始まり、さらに、シャッフルの跳ねるビートや、ダンスビート、アフリカン・パーカッションのような細かい16ビート、再びシャッフル、4ビートから8ビートを経て16ビートまでリズムが徐々に変容、といった具合に多彩に移り変わっていきます。最後の方では、ハンマービートっぽいリズムも出てきます。

なお、本作のサブタイトル"SONDERFLUEGE ABFERTIGUNG B"は、「特別フライト便 チェックイン B」のような意味で、ジャケット写真の撮影場所である旧ベルリン・テンペルホーフ国際空港に実在したものです。本作は、正にConsequenzの「特別便」的な作品です。

ところで、同じくConさんとヴォルフガング・ザイデルさんのプロジェクトだった"KW (KiloWatt)"の作品集『10 kW/h』に含まれるUSBメモリのトラック『Sonderflug』は、本作の別ミックスです。

| Consequenz::音楽作品解説 | 05:38 PM | comments (0) | trackback (0) |

Consequenz / CONSEQUENZ 09/B



プライベート・リリース (2011年2月20日)

1-30

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさん(クレジット名はヴォルフ・シークエンツァ)が、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2009年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 09/B』。内容は、幻想的でゆるやかな電子音が、形を変えながら約60分ノンストップで流れていく感じです。ときどき、まるでアクセントを付けるかのように、パーカッションの連打が入ります。

| Consequenz::音楽作品解説 | 10:52 PM | comments (0) | trackback (0) |

Consequenz / CONSEQUENZ 08/B

●CDR『CONSEQUENZ 08/B』

CONSEQUENZ 08/B

プライベート・リリース (2008年7月23日)

1-25

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさん(本作のクレジット名はWolf Sequenza)が、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の、2008年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 08/B』(副題: Elektrische Musik~電子音楽)。約1時間ノンストップのフリーアート作品。本作はワイルドな08/Aとは異なり、やや幻想的な雰囲気を醸し出している。ほぼ全編をとおしてリズミックなシークエンスが走る中、それとは基本的に異なるリズムで、鉄筋、ピアノ、パーカッション、バイオリンといった生音の他、個性の強いシンセ音(うねる低音や透明感の高いベル音など)が鳴り響く。ベルリン・テンペルホーフ国際空港の一室(特設スタジオ)にて録音。

| Consequenz::音楽作品解説 | 11:08 AM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /    OLDER >

ARCHIVES

<前月 2017年10月 次月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY