サイト内検索
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2020年09月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発リマスター盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: P-Vine
主な購入先: アマゾン エルパカBOOK タワーレコーズ 丸善ジュンク堂 紀伊國屋書店

クラウトロックの百科事典、『クラウトロック大全』(小柳カヲル 著)が発売されました。タイトルのクラウトロックのみならず、ノイエ・ドイッチェ・ヴェレまで幅広く網羅されていて、その充実した情報は、「大全」の名にふさわしい内容となっています。

Conさんについては、なんと39作品(Kluster含む)も掲載していただきました。しかも、本の表紙までもConさんが飾っています。

小柳さんは、以前キャプテン・トリップ・レコーズに在籍していた際に、数多くのCon作品を意欲的にリリースしていただきました。また、装丁等細部にまでこだわりを持ち、その上、私のいくつかのリクエストにも快く応じてくださいました。例えば、「80'sワークス・シリーズ」ボックスセットのリリース時に、限定特典の一つとして、オリジナル版LP『Concert』の最初の200枚のおまけだったピンバッジの復刻版を付けていただいたり、また、そのボックスセットにも収録された『Control』の再発版CDに、ArtgalleryからのCD再発時には収録されなかった"『Container T5』の1トラック目"をボーナストラックとして追加収録していただきました。
まったく感謝の念に堪えません!

また、Conさん自身も、生前、小柳さんのことを高く評価していて、
「キャプテン・トリップ(= 小柳さん)には感謝している。私はキャプテン・トリップが好きだ。」
といったコメントを私は直接Conさんから聞いています。

そのような経緯もあり、本サイトは、情報の引用元として、今回、全面的にご協力させていただきました。

この記事のコメント

小柳さん、書き込みありがとうございました。
売れ行き、まずまずとのことでよかったです。
そういえば、表紙のカバーを外したら、本体の表紙は別の写真になっていたので、ちょっと嬉しかったです :)
Jinさま
「クラウトロック大全」をご紹介いただき、ありがとうございます。
執筆の際はこちらのサイトの情報の引用をご快諾いただき、こちらこそ感謝の念に堪えません。
おかげさまで本の売れ行きは悪くないようです。

もうじきConさんが亡くなってから3年。
再会が果たせなかったことだけが悔やまれます。
コメントを投稿する








https://fancymoon.com/mrs/tb.php/351

この記事のトラックバック



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..