<< HOME /    OLDER >

Con-Hertz / Contrasts

【目次】

Con-Hertz / 2本組90分カセット『Contrasts』
Con-Hertz / Contrasts、デジタル再発リリース
Con-Hertz / Contrasts、CD-R再発リリース

===========================================

Con-Hertz / 2本組90分カセット『Contrasts』



リリース元:Auricle (1987年)
リリース数: 200
主な購入先: Ultimathule (英国)

Side A:
Con Brio (Parts 1-24) 40'38"
Side B:
Con Spirito (Parts 1-28) 41'16"
Side C:
Con Fuoco (Parts 1-11) 37'42"
Side D:
Con Dolore 18'55"
Con Moto (Parts 1-9) 19'49"

Conrad Schnitzler:composing
Wolfgang Hertz:voicing

本作品は、1987年に90分カセット2本組でリリースされた、Conさんとヴォルフガング・ヘルツのコラボレート作品です。Conさんによる作曲・打ち込みを元に、ヴォルフガング・ヘルツがサウンドを生成しています。なお、本作は1986年12月~1987年1月に掛けて制作されたものですが、1987年にリリースされたLP『CONGRATULACION』の収録作品のうち、一部の作品のアーリー・バージョンが含まれています。

最初の100部はシリアル番号入り。また、最初の120部のみ、ジャケットの装丁がカード紙。

Con-Hertz / Contrasts、デジタル再発リリース



リリース元:Auricle AMDL 009-010 (2012年1月31日)
購入先: Con-Hertz (Ultimathule) CD1 + CD2 (※試聴あり)

◇ CD1:
A: CON BRIO [40'58"]
1. Con Brio 1 1'36"
2. Con Brio 2 2'47"
3. Con Brio 3 1'31"
4. Con Brio 4 1'33"
5. Con Brio 5 1'40"
6. Con Brio 6 0'55"
7. Con Brio 7 1'34"
8. Con Brio 8 0'43"
9. Con Brio 9 1'11"
10. Con Brio 10 2'34"
11. Con Brio 11 2'22"
12. Con Brio 12 0'56"
13. Con Brio 13 1'07"
14. Con Brio 14 1'31"
15. Con Brio 15 0'38"
16. Con Brio 16 2'54"
17. Con Brio 17 1'05"
18. Con Brio 18 1'27"
19. Con Brio 19 2'54"
20. Con Brio 20 3'20"
21. Con Brio 21 0'46"
22. Con Brio 22 1'46"
23. Con Brio 23 1'35"
24. Con Brio 24 1'12"
D: CON DOLORE
25. Con Dolore 19'07"
D: CON MOTO [19'57"]
26. Con Moto 1 2'15"
27. Con Moto 2 1'49"
28. Con Moto 3 2'20"
29. Con Moto 4 2'30"
30. Con Moto 5 2'11"
31. Con Moto 6 2'22"
32. Con Moto 7 1'48"
33. Con Moto 8 2'08"
34. Con Moto 9 2'06"

◇ CD2:
B: CON SPIRITO [41'52"]
1. Con Spirito 1 1'56"
2. Con Spirito 2 1'41"
3. Con Spirito 3 1'22"
4. Con Spirito 4 1'59"
5. Con Spirito 5 1'56"
6. Con Spirito 6 1'28"
7. Con Spirito 7 1'27"
8. Con Spirito 8 1'25"
9. Con Spirito 9 1'13"
10. Con Spirito 10 1'10"
11. Con Spirito 11 1'44"
12. Con Spirito 12 1'22"
13. Con Spirito 13 2'00"
14. Con Spirito 14 1'28"
15. Con Spirito 15 1'44"
16. Con Spirito 16 1'36"
17. Con Spirito 17 0'35"
18. Con Spirito 18 1'42"
19. Con Spirito 19 1'40"
20. Con Spirito 20 1'02"
21. Con Spirito 21 1'44"
22. Con Spirito 22 1'15"
23. Con Spirito 23 0'50"
24. Con Spirito 24 1'28"
25. Con Spirito 25 1'11"
26. Con Spirito 26 1'11"
27. Con Spirito 27 1'10"
28. Con Spirito 28 1'24"
C: CON FUOCO [37'42"]
29. Con Fuoco 1 2'14"
30. Con Fuoco 2 12'01"
31. Con Fuoco 3 2'20"
32. Con Fuoco 4 2'11"
33. Con Fuoco 5 2'51"
34. Con Fuoco 6 2'33"
35. Con Fuoco 7 2'22"
36. Con Fuoco 8 2'58"
37. Con Fuoco 9 2'18"
38. Con Fuoco 10 3'10"
39. Con Fuoco 11 2'14"

本作品は、カセットテープ作品『Contrasts』のマスター・テープから起こした、デジタル・リマスター再発版です。本リリースは、CD1とCD2の2つに分けてダウンロード販売しています。(購入後にCD-Rに焼くことを考慮して、すべてのトラックがCD-Rに収まり切るよう、CD1にはSideA とSideD、CD2にはSideBとSideCが収録されています。)なお、一部のトラックは購入先サイトより試聴することができます。ダウンロードのファイル形式は6種類です。(MP3 320, FLAC, MP3 VBR (V0), AAC, Ogg Vorbis, ALAC)

Con-Hertz / Contrasts、CD-R再発リリース



2016年より、ダウンロード再発版が2枚組CD-Rのフォーマットでも提供されています。英国のUltima Thule Recordsが公式に販売しています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 12:16 PM | comments (0) | trackback (0) |

Conrad Schnitzler / CON Live 10.10.84



Side A (31:06)
Side B (30:53)

リリース数: 100
リリース元: Further Records (2010年3月29日)

本リリースは、1984年にリリースされたカセットテープ作品『CON 84』に収録されていた '10.10.84'の再発版で、2010年に、100本限定で米国Further Recordsより60分カセットテープでリリースされました。

なお、オリジナルのリリースでは90分カセットの片面に本作品(約40分)が収録されていましたが、本リリースでは、本編が終わるB面8:30頃以降、ボーナストラックとして、'10.10.84'の短いバージョン(約22分)が収録されています。この短いバージョンは、最初と最後の部分はオリジナル・バージョンと同じですが、途中の部分を編集で短くつないでいます。

ところで、本再発リリースのタイトルに"Live"と付いていますが、実際はライブ作品ではありません。正しくは、いわゆるコン・サート作品となります。

※関連項目:
カセット 『CON 84』
カセット『10.10.84』

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 12:16 PM | comments (0) | trackback (0) |

Conrad Schnitzler / Pole: 『CON-STRUCT』、2017年3月24日リリース!



リリース元: bureau B (BB243) (2017年3月24日)
試聴: SoundCloud
公式ビデオ: Conrad Schnitzler & Pole - Drachenbäume sind friedliche Wesen
主な購入先: アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP) タワーレコーズ(CD) タワーレコーズ(LP)

CDのトラック:
1. Wurm (5:30)
2. Sieht hoch, (5:13)
3. Lacht (6:44)
4. Und fängt den Vogel! (1:49)
5. Drachenbäume sind friedliche Wesen (9:36)
6. Wiegenlied für Katzen (11:19)

LPのトラック:
Side A
1. Wurm (5:30)
2. Sieht hoch, (5:13)
3. Lacht (6:44)
4. Und fängt den Vogel! (1:49)
Side B
1. Drachenbäume sind friedliche Wesen (9:36)
2. Wiegenlied für Katzen (11:19)

Con-structシリーズの第5弾『CON-STRUCT』が、3月24日にCD、LP(CD付き)、ダウンロードでドイツのbureau Bよりリリースされました。

Con-structのコンセプトは、Conさんのソロ・トラックに他のアーティストがサウンドを重ねて作品を構築(Construct)するものですが、今回はPole(Stefan Betke)がオファーされました。Poleは、以前にもConさんのZugのリミックスを制作していて、その作品は2010年にリリースされたLP『Zug, incl. Remix by Pole』、および、2012年にリリースされたZugのリミックス集CD『Zug Reshaped And Remodeled By Ricardo Villalobos & Max Loderbauer 』に、"zug - reshaped by Pole"として収録されています。

Poleのコメント:

正直いって、元々、コンラッド・シュニッツラーの作品に興味はなかった。過去を振り返ってみると、80年代半ばは普通のバンドをやっていた。ギターやドラムで、ヒップホップ、ジャズ、アバンギャルドをやっていたのだが、「どうやったら、こういう楽器や形態から抜け出せるだろうか」と思っていた。それらはもう時代遅れだと感じていた。そして、出会ったのはコンラッドが参加したタンジェリン・ドリームのアルバムだった。でも、そんなに好きじゃなかったので、コンラッドとの初めての出会いは、いいスタートではなかった。とはいうものの、何かが起こったんだ。私は一人で勝手に決めて、TR-808とミニムーグをバンドのリハーサルに持ち込み、メンバーに言った。「俺たちはエレクトロニックをやるぞ。」その後は、あらゆることが自然に進んだ。私は、ベルリンのシュニッツラーのことを、さらに深く理解するようになった。彼の複雑でユーモラスな性格と、ほとんど突拍子もない多様性に、いつも感心させられた。だから、時を経て、Con-Structシリーズのオファーが来たとき、断るわけがなかった。彼の影響は絶大なものになっていた。オリジナルのCon-Structのコンセプトに反して、私のアイデアは半々にすることだった。50%のサウンドはコンラッドのもので、残りの50%は私のものだ。コラボレーションは次のようなルールで行った。私自身は4種類のものを用いる。改良した古いリズムマシン、2つの古いシンセ、自分で組んだモジュラーシステム。シュニッツラーのものは4つのサウンド・マテリアルで、それらをモジュラーに通して、流しっぱなしにしておいた。偶然生まれたサウンドは重要な要素だ。そして、すべてをミキサーにつないで音を重ねた。ほとんど手作業が不要な状態にしておいた。彼のサウンドがリードし、私はそこにサウンドを加えた。2人っきりになってみて、少しだけ、お互いに理解し合えたような気がした。彼に会っておけばよかった。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:25 AM | comments (0) | trackback (0) |

CD/LP/DL 『Filmmusik 2』、2017年2月10日リリース!!



リリース元: bureau B (BB245)
試聴: SoundCloud
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)

CDのトラック:
1. 05/1975 B (6:11)
2. 05/1975 A (4:29)
3. 12/1975 A (1:53)
4. 14/1975 A (2:21)
5. 03/1975 A (3:54)
6. Lichtpunkte Und Schwarze Zeichen (23:30)

LPのトラック:
A1. 05/1975 B (6:11)
A2. 05/1975 A (4:29)
A3. 12/1975 A (1:53)
A4. 14/1975 A (2:21)
A5. 03/1975 A (3:54)
B1. Lichtpunkte Und Schwarze Zeichen (23:30)

本作は、Filmmusikシリーズ全2タイトル中の第2集で、前作の第1集『Filmmusik 1』に収録しきれなかった5トラックが収録されている他、以前よりCD化の要望が高かった1978年の映像作品"Lichtpunkte und Schwarze Zeichen"の音源が6トラック目に収録されています。この曲は23分半の大作で、9分半の前半"Lichtpunkte"(光の点、の意味)と14分の後半"Schwarze Zeichen"(黒のシンボルマーク、の意味)の2つのパートに分かれています。いずれのトラックも、生前Conさんが制作した音源をリマスタリングしたものです。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 09:30 AM | comments (0) | trackback (0) |

CD/LP/DL 『Filmmusik 1』、2016年10月28日リリースされました!!



リリース元: bureau B (BB244)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)
試聴: SoundCloud

●CDのトラックリスト:

1. 03/1980 (5:05)
2. 10/1975 (3:57)
3. 04/1980 (4:12)
4. 10/1980 (3:29)
5. 12/1980 (1:54)
6. 09/1975 (3:14)
7. 02/1980 (6:55)
8. 07/1980 (4:04)
9. 08/1975 (4:54)
10. 01/1980 (4:39)

●LPのトラックリスト:

Side A
1. 03/1980 (5:05)
2. 10/1975 (3:57)
3. 04/1980 (4:12)
4. 10/1980 (3:29)
5. 12/1980 (1:54)
6. 09/1975 (3:14)

Side B
1. 02/1980 (6:55)
2. 07/1980 (4:04)
3. 08/1975 (4:54)
4. 01/1980 (4:39)

2016年10月28日、ドイツのbureau BレーベルよりCD/LP/ダウンロードの各形式で『Filmmusik 1』がリリースされました。内容は、2011年10月にQbicoよりリリースされた10枚組ボックスセット『omicron, rho, sigma, tau, upsilon, chi, psi, omega』に含まれるLP『CONRAD SCHNITZLER- Film music 1975』の元となった2枚組プライベートリリースCD-R『FilmMusik 1975 A』および『FilmMusik 1975 B』から選曲されたトラックです。SoundCloudより試聴できます。

ただし、レーベル側の認識違いにより、『FilmMusik 1975 A』および『FilmMusik 1980 B』からの選曲とされていて、タイトルもそれに準じたものとなっています。後日、私の方でレーベルに連絡したところ、第2集『Filmmusik 2』のライナーノートにて、その件について訂正していただくことになりました。誠実な対応でよかったと思います。

ちなみに、本作に収録された10トラック中7トラックはQbico盤にも収録されていますが、Qbico盤の場合、冒頭部が数秒カットされているトラックがあります。

なお、7トラック目(LPのB面1曲目)"02/1980"は、『CON videos 1970's』の12トラック目のビデオ"Gute Fahrt"に使用されている曲です。実は、私が個人的にこのビデオの曲を気に入り、生前ConさんにCD-R化をリクエストしたところ、古いアーカイブから前述の2枚組CD-Rを制作してくれた、という経緯があります。今回、CD-R版の音源をリマスタリングした正式リリースに至り、非常に感慨深いものがあります。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 10:26 AM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /    OLDER >

ARCHIVES

<前月 2017年10月 次月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY