サイト内検索
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2021年06月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発リマスター盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: Generator Sound Art (GSA-20 2010年6月)
リリース枚数: 27
主な購入先: Generator Sound Art (米国)
試聴: Generator Sound Art (※MP3ファイルへの直リンクです。)

10枚組CD-Rボックス『Zehner』には、ミックス作品『00/333 Kräne』と、それに使用されたソロ・ボイス作品9枚(00/287+00/288+00/289+00/291+00/325+00/326+00/327+00/329+00/331)が入っています。なお、各CD-Rのレーベル面はGenerator Sound Artのロゴ入りのオリジナル・デザインで、CD-R一枚一枚にConさんのサインと日付、指紋のスタンプが付いています。限定27セットのみの生産です。


リリース数: 100
リリース元: Further Records (2010年3月29日)

Side A (31:06)
Side B (30:53)

本リリースは、1984年にリリースされたカセットテープ作品『CON 84』に収録されていた "10.10.84"の再発版で、2010年に100本限定で米国Further Recordsより60分カセットテープでリリースされました。

なお、オリジナルのリリースでは90分カセットの片面に本作品(約40分)が収録されていましたが、本リリースでは、本編が終わるB面8:30頃以降、ボーナストラックとして、"10.10.84"の短いバージョン(約22分)が収録されています。このバージョンは、最初と最後の部分はオリジナル・バージョンと同じですが、途中の部分を編集でつないで短くしています。

ところで、本再発リリースのタイトルに"Live"と付いていますが、実際にはライブ作品ではありません。正しくは、いわゆるコン・サート作品となります。

※関連項目:
カセット 『CON 84』
カセット『10.10.84』



リリース元: Richchet Dream (2010年2月28日)
主な購入先: 米国Richchet Dream(Discog Shop)オランダGroove Unlimited
リリース数: 150

本リリースは、2010年に米国Richchet Dreamよりリリースされた、コンラッド・シュニッツラーとヴォルフガング・ザイデルによるKW(KiloWatt)の作品集です。「CD10枚+USBメモリ1個」が入ったボックスという体裁で、限定150部リリースされました。なお、オリジナル・デザインのUSBメモリはシリアル番号入りで、その中には、英語の解説が記載されたPDFファイルが2つ入っている他、2010年制作の63分に渡るボーナス・トラック"Sonderflug"("特別フライト便"の意味)がWAVフォーマットで収録されています。このトラックは、Consequenz名義のCD-R作品『CONSEQUENZ 2.12.09 - SONDERFLÜGE ABFERTIGUNG B』の別ミックスです。また、数点の写真が掲載され、シリアル番号も入ったプリント紙が付属します。



以下は、Conさんの依頼により制作した、本リリースのサンプル3曲(5分)のYoutube動画です:



※関連項目: KWについて


1-7

リリース数: 300
リリース元: GD STEREO (2010年2月5日)
購入先: POGUS(米国)

本CDリリースは、コンピュータを用いたConさんのソロ・ピアノ作品(*注)に、米国のジェン・ケン・モンゴメリー~Gen Ken Montgomeryが新たなサウンドをミックスした、1996年の未発表作品です。Conさんのスローなピアノ作品は、CD『Klavierhelm』に収録されたピアノ作品と同じ年に制作されたもので、曲調も似た傾向のものです。一方、ジェン・ケンがミックスしたサウンドは、彼が"Domestic recordings"(家庭内で録音されたもの)と呼ぶもので、キッチン・シンクで食器を洗う音とか、ひたすら何かを磨く音など、家事のときの音です。

本作品の装丁はケーキの箱のような特殊形状のパッケージで、CDの他に12枚のスチール写真が収められています。これらは、ビデオ作品『On their way』を加工した、Guido Englichによる同年の作品『Trans Berlin-Brooklyn Exchange』から取ったものです。

*注: もし人が手で弾くとしたら、指が12本必要だそうです。しかも、左手の指が11本必要で、右手は指を30.5cmも開かないと演奏できないそうです。(^^;)
【目次】

Conrad Schnitzler / DictaCon、オリジナル・マイクロカセット版 (モノラル・バージョン)
Conrad Schnitzler / DictaCon、ダウンロード版 (ステレオ・バージョン)

===================================================

Conrad Schnitzler / DictaCon、オリジナル・マイクロカセット版 (モノラル・バージョン)



リリース元: HalTapes (2010年1月4日)
購入先: HalTapes

Side A (30:09)
Side B (30:03)

2010年最初のConさん名義の作品は、マイクロカセットでのリリースとなりました。タイトルの『DictaCon』はディクタフォン(口述録音機)をもじったもので、主に人の声を加工・ミックスしたトラックが60分マイクロカセットテープのA・B面に収録されています。クレジットによると、本作の録音は2009年12月です。同時期の2009年末にリリースされた『Kluster 2009』にはメンバー3人の声がミックスされていますが、本作品では長めのサンプルの他、数秒程度の短いサンプルが大量につなぎ合わされています。装丁は、マイクロカセット本体とConさん自身による7枚のアートワーク(白黒コピー)が、ジップロックのサンドウィッチバッグに入ったものとなっています。マイクロカセットの性質上、サウンドはモノラルです。なお、再生速度は標準の2.4cm/秒です。リリース元のHalTapesは、1981年からホームメイドの実験電子音楽をリリースしているレーベルです。

Conrad Schnitzler / DictaCon、ダウンロード版 (ステレオ・バージョン)



リリース元: HalTapes (2012年8月9日)
購入先: Bandcamp
試聴: Bandcamp

DictaCon Side A. (30:14)
DictaCon Side B. (30:05)

2012年に再発された『DictaCon』のダウンロード版。こちらは、オリジナルのマイクロカセット版とは異なり、ステレオ・バージョンです。また、オリジナルのマイクロカセット版に付いていた7枚のアートワークをスキャンした、イメージ・ファイルが付いてきます。購入先のBandcampでは、MP3の他、FLACやALACといった、高音質のロスレス・フォーマットも選択可能です。なお、作品丸ごと、フル・トラック試聴できます。

Kluster2009

リリース元: Real Vine Music (2009年12月22日)
リリース数: 50
購入先: Ooy (日本) Real Vine Music

1. Ich habe nichts zu sagen und so sage ich’s (20:06)
2. I have nothing to say, so I’m saying it (21:59)
3. Watasi wa iukoto ga nai dakara iu (19:59)

本リリースは、2009年に米国Real Vine MusicよりリリースされたKluster CMOの『Kluster 2009』です。参加メンバーは前作『Kluster 2008』と同様、コンラッド・シュニッツラー、アメリカ人アーティストMichael Thomas Roe、日本人アーティストOoyです。本作には「bla bla bla - THREE VOICES」というサブタイトルが付いています。それが示唆するように、3人のヴォイスのみで構成された実験的な作風です。そのため、限定50部のみのリリースとなっていて、メンバー3人のサインが付いています。日本では、2009年12月6日に先行リリースされました。(日本での販売は10セットのみ。)
big_robot_horror_odyssee_s.jpg

リリース元: TIBProd. Italy (MP3: TIB.IT 006 CD-R: TIB.ITCD006 2009年9月9日)
購入先(MP3): TIBProd. Italy
試聴: TIBProd. Italy

1. Kalter Hund
2. Inner Robotics (Part I-V)
3. Outer Robotics (Part I-VII)

本作『Horror Odyssee』は、Big robotとコンラッド・シュニッツラーとのコラボレーション第2弾で、2009年9月9日にリリースされました。MP3のダウンロード・リリースの他、CD-Rも少数のみリリースされています。なお、リリース元よりフリー・サンプルが2曲公開されています。

関連項目: Big robot featuring Conrad Schnitzler / Aquafit


リリース元: Karisma (2009年6月6日)
主な購入先: アマゾン(英国)
試聴: Big robot myspace

1. Dyrenes Dronning
2. Coca Kohle
3. Psychic Joker
4. Aquafit
5. Dall
6. Gow
7. Dollgau Zugschlüss
8. Birds
9. Wild Mix
10. Back To The Beast
11. Inner Robotics

2009年6月6日にリリースされたBig robotのデビューCD『Aquafit』には、Conさんがゲストで参加しています。Big robotはノルウェーのグループです。収録された曲のほとんどがアブストラクトな電子音で構成されていて、そこここにConさんのテイストが感じられます。例えば、3曲目の"Psychic Joker"は『Conal』を思い起こさせるような作風です。なお、2曲目の"Coca Kohle"は『Con3』に収録されている"Coca"のカバー・バージョンです。Big robotのmyspaceのページなどで試聴できます。

なお、このリリースには、最初の100枚のみ限定でメンバー全員とConさんのサイン&シリアル入りカードが付いてきます。このカードはConさんがデザインしたものです。


Big robot + Con



(左:ゴールド・バージョンの表) (右:シルバー・バージョンの裏)

リリース元: Qbico Records (2009年5月4日)
参加メンバー: コンラッド・シュニッツラー、クラウス・フロイディグマン、ヴォルフガング・ザイデル、その他友人

ASA Side A
ASA Side B
BETA Side A
BETA Side B
CVC Side A
CVC Side B
DAV Side A
DAV Side B
EX Side A
EX Side B
FUGI Side A
FUGI Side B

Klusterの未発表作品を収録した6枚組LPボックス、Kluster and friends / 『1969-1972』 は、2009年5月4日にイタリアのQbicoよりリリースされました。1969~1972年に収録された音源は、ローデリウスとメビウスが加入する以前のものと、ローデリウスとメビウスが脱退した以降のものです。装丁は、6枚のLP(Conさんの提案により、黒いレコード、黒いレーベル面、黒い内袋)入りのボックスで、その表面には"KLUSTER"(表)と"QBICO"(裏)の文字がゴールドまたはシルバー(2バージョン)のスプレーで描かれています。(ステンシル書体はTroglosoundによるもの。)また、レアな写真を掲載したクリアー・プラスチックのインサートが付いています。

なお、26枚(シリアルA-Z)限定で、以下のようなハンドメイドの特殊ボックス装丁(全8種類)のリリースが行われますが、これらにのみもう一枚、録音は片面のみのLP "EX PLUS"が付きます。内容は、最も過激でインダストリアルな音源とのことです。

qbico94_az1_s.jpg qbico94_az1_back_s.jpg
qbico94_az2_s.jpg qbico94_az2_back_s.jpg
qbico94_az3_s.jpg qbico94_az3_back_s.jpg
qbico94_az4_s.jpg qbico94_az4_back_s.jpg

以下はQbicoからのリリース情報に含まれるテキストの意訳です。

これはあなたへのちょっとした話:

Qbicoを2010年にクローズするというニュースをメールしたときに、数人の友達やミュージシャンから返信をもらった。そのうちの一人がコンラッド・シュニッツラーで、「最高にクールなリリースを最後にやらないか?」と書いてあった。私は、「もちろんやるよ!」と返事した。そんなわけで、未発表のKlusterの音楽が入った6枚のCD-RがCONから送られてきた。1969~1972年に録音された音源で、クラウス・フロイディグマンとヴォルフガング・ザイデルが一緒に参加したものだ。音源がLPに収まりきるよう、それぞれ1時間分のCD-Rから40分前後を好きに選んでいいとCONから言われた。それは正に、私の人生の中で最も嬉しい体験の一つだった。この6枚組LPボックスは、最もずば抜けて素晴らしく、革新的だと私が感じた音楽をただまとめたものだ(インストゥルメンタルのみで、歌は入っていない = これこそ本物)!!! Qbicoの最も伝説的なリリースの一つか?! イエス(大声で)!

Klusterのさらなる情報:

Klusterは決して終わらない。
KLUSTERは今日でも続いている。
私達仲間が会っても、どのグループ名の元に会うということは考えなかった。
はっきりとしているのは音楽のスタイルだ。
どんなグループもこんな音楽は作らなかった。
これがKlusterの音楽だ。それはスタイルだ。
それはコンラッド・シュニッツラーが1969年に創案した。
「シュニッツラー/フロイディグマン/ザイデル、そして友人」は
アヒム・ローデリウスがバンドに入る前と抜けた後のことだ。
私がKLUSTERを創立したのは、1969年にツォディアック・クラブから抜けだし、
そしてボリス・シャークやアヒム・ローデリウスからも抜け出した後のことだ。

関連情報:
"omicron, rho, sigma, tau, upsilon, chi, psi, omega" 10 LPボックス
KLUSTERSTRASSE 69-72
Windvogel

リリース数: 500
リリース元: Waystyx (2009年2月11日)
日本での配給元: キャプテントリップ・レコーズ (2009年5月30日) ※日本語解説・オビ付き
主な購入先: アマゾン HMV

1-15

CD『Windvogel』は、2009年2月11日にロシア・モスクワのwaystyxレーベルよりリリースされました。タイトルのWindvogelは凧を意味します。ジャケットは、タイトルのイメージを膨らませた特別仕様になっていて、以下のように展開すると凧の形になります。
Windvogel

約61分にわたる本エレクトロニクス作品は、15のエピソードにより構成されています。始まりは、なだらかなサウンドの上に乗っかった、細かく刻むシークエンスです。ところが、3トラック目では一転して、ダンスフロア向けのビートに変わります。かと思えば、リズムがない幻想的でダークなエピソードもあり、その後、再びシークエンスが走るエピソードへと進みます。さらに、これ以上細かくできないくらい細やかな、まるで流れるミシンのようなリズムのエピソードになったと思ったら、14トラック目では、ほんの少しアシッドハウスのエッセンスまで入った、かっこいいベースのシークエンスのエピソードまで現れます。やはり、Conさんの音の世界は一筋縄ではいかないです。

本作は、プライベート・リリース『00/187 Windvögel』の正式リリース版です。余談ですが、正式版のタイトルは単数形で、ジャケットの装丁通り1つの凧ですが、プライベート・リリースのタイトルは複数形となっていて、ジャケットにも複数の凧が描かれています。
Windvoegel
00/187 Windvögel

なお、正式版のリリース前に33部のみプレスされた、赤ジャケットのテスト・プレス盤も存在します。
Windvogel

日本では、2009年5月30日にCD『ヴィントフォーゲル』が、キャプテントリップ・レコーズより日本語解説・オビ付き仕様の完全限定盤で国内配給されています。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..