サイト内検索
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2021年06月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発リマスター盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: Further Records (2011年6月6日)
リリース枚数: 1000
・ファーストプレス=500枚(100枚は限定の白ビニール。他は黒ビニール。)
・セカンド・プレス=500枚
試聴: Further Records
主な購入先: HMV (LP) Further Records (ダウンロード・MP3/FLAC) (米国)

A トラック1
A トラック2
A トラック3
A トラック4
B トラック5
B トラック6
B トラック7
C トラック8
C トラック9
C トラック10
C トラック11
D トラック12

本作品『CON - Live '72』は、2011年6月6日、ゲートフォールド・ジャケットの2枚組LPで、米国シアトル近郊のFurther Recordsレコードよりリリースされました。また、ダウンロード版も購入可能です。(MP3の他、高音質なロスレス・フォーマットのFLAC等も、ダウンロード購入の際に選択できます。)

Conさんによると、この作品は1972年に英国で制作したものを元にしているとのことです。Conさんは、当時新発売となったシンセサイザーEMS Synthi Aを購入するために英国に渡り、6週間ロンドンのGerman Instituteに滞在しました。本作品は、その滞在期間中に、初めて手にしたEMS Synthi Aを用いて制作された貴重な音源で、正式リリースはこれが初めてです。なお、タイトルはLiveとなっていますが、Conさんに確認したところ、実際にはLive録音ではないそうです。また、C面のトラック11およびD面のトラック12はボーナス・トラック的なもので、1984年にConさん自身によってリミックスされたものです。さらに、この作品は、ドイツに帰国後に手が加えられ、いくつかのトラックは後にリリースされることになる作品の原型となりました。具体的には、CD『Blue Glow』に収録されたうちの7つのトラックや、LP/CD『Grün』に収録された"Bis Die Blaue Blume Blüht"で、バージョンはすべて本作品に収録された原型版と異なります。また、同じく後に1981年にリリースされたLP『Conal』で使用されているサウンドのごく一部も、すでに本作品に使用されています。

なお、A面のトラック4は、バージョン違いも含めて過去に正式リリースされたことは恐らくないものと思われます。このトラックは、ワイルドなウッドベースを表現したかのようなベースのシークエンスが非常に斬新です。

本リリースは新たにマスタリングされているため、"Mastered by CGB @ D&M, Berlin"のクレジットが記載されています。

以下は、本作品の元となったプライベート・リリース作品CD-R『Eng. I-II』です。



トラック1-5: ENG I
トラック6-10: ENG II
トラック11-20: Bonus=mix I+II

※CD-Rのトラック11-12はLP盤のトラック11、CD-Rのトラック13-20はLP盤のトラック12です。

ところで当時、同じ英国滞在中にライブ・セッションも行われていますが、そちらのライブ音源は、『Con '72』および『Con '72 Part II』としてリリースされています。



リリース元: Mirror Tapes (2011年3月19日)
リリース数: 250

Side 1: (31:44)
Side 2: (32:04)

『CONSEQUENZ010B』は、Conさんとヴォルフガング・ザイデルさんが1980年から断続的に続けていたプロジェクト"Consequenz"の、2011年の正式リリースです。本作は、マレーシアのクアラルンプールを拠点とするMirror Tapesより65分のカセットテープでリリースされました。

2010年に制作された本作品は、電子音とパーカッション、ピアノ音、オルガン音などを用いたフリーアートの小作品集で、3~5分程度の短いトラックがA・B面に各8トラックずつ(計16トラック)収録されています。ただし、収録されたトラックの曲名や曲数などの情報は一切記載されていません。本作を聴けば、2007年以降リリースされたConsequenz作品の作風がつかめると思います。

本作の制作場所は、2008年に閉鎖された旧ベルリン・テンペルホーフ空港の使われなくなった地下の一室(特設スタジオ)です。ジャケットのカードには制作時の写真が掲載されています。


プライベート・リリース (2011年2月20日)

1-26

本作品は、Conさんとヴォルフガング・ザイデルさんが1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2010年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 010/A』です。約60分ノンストップのフリーアート作品で、弦をガリガリ引っかく音で始まる本作は、様々な種類の生パーカッション、鉄琴、ピアノ、バイオリンといったアコースティック・サウンドに電子音を融合させたものです。全体的に少しエコーが掛ったサウンドは幻想的な雰囲気を醸し出しますが、作風はKのKluster(クルスター)の発展形といった印象です。なお、前半から中盤にかけては、しばしばワイルドなサウンドも入りますが、それ以降は少しゆったり目な感じに移行していきます。また、たまに、なんとなくメロディーっぽい要素も入ることがあります。


プライベート・リリース (2011年2月20日)

1-31

本リリースは、Conさんとヴォルフガング・ザイデルさん(クレジット名はヴォルフ・セクエンサ)が、1980年から断続的に続けていたプロジェクト"Consequenz"の、2009年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 2.12.09 - SONDERFLÜGE ABFERTIGUNG B』です。

ボコボコいうサウンドで始まる本作は、ちょっとカオス感が漂う幻想的なノイズの中で、ビートが様々に変移していく約60分ノンストップの作品です。メロディーと呼べるものはありません。ビートは、弦楽器の短いアタック音の4つ打ちに始まり、さらに、シャッフルの跳ねるビートや、ダンスビート、アフリカン・パーカッションのような細かい16ビート、再びシャッフル、4ビートから8ビートを経て16ビートまでリズムが徐々に変容していくといった具合で、多彩に移り変わっていきます。最後の方では、ハンマービートっぽいリズムも出てきます。

なお、本作のサブタイトル"SONDERFLUEGE ABFERTIGUNG B"は、「特別フライト便 チェックイン B」のような意味で、ジャケット写真の撮影場所である旧ベルリン・テンペルホーフ空港に実在したものです。本作は、正にConsequenzの「特別便」的な作品です。

ところで、同じくConさんとヴォルフガング・ザイデルさんのプロジェクトだった"KW (KiloWatt)"の作品集『10 kW/h』に含まれるUSBメモリのトラック『Sonderflug』は、本作の別ミックスです。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..