サイト内検索
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2021年04月 次月>>
コメント
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: edition-telemark (923.06 2021年3月30日)
リリース数: 300
主な購入先: アマゾン
試聴: edition-telemark

Side A:
Music Is Not Language. Neither Is It Painting. Just Music.(20:00)

Side B:
CONversation (19:40)

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさんとの共作名義で、2021年3月30日、LP『Music is not language. Neither is it painting. Just music.』がドイツ・ベルリンのedition-telemarkよりリリースされました。本作は、Klusterの『KLOPFZEICHEN』や『ZWEI - OSTEREI』を思い起こすような作風となっています。ヴォルフガング・ザイデルさんによると、今回の作品は2019年頃から温めていた企画で、A面は、Conさんがドイツ語で音楽の哲学について語っている音声(CD-R『00/013 CON-TEXT (german)』より抜粋)に、ヴォルフガングさんによるEruptionスタイルのサウンドをミックスしたものです。また、世界中のConさんファンが内容を理解できるよう、英語翻訳の女性の声(コンピューターの自動音声)もミックスされています。Conさんは、いつも最新のテクノロジーに興味深々だったので、きっとこの企画を気に入ってくれただろう、とヴォルフガングさんは考えています。B面は、やはりKlusterの上記2作品のB面と同様に、(語りの音声なしの)サウンドのみのトラックとなっています。これは、Conさんの1972年の音源(英国ロンドンのGallery Houseで行われたEMSシンセを用いたパフォーマンス)に、ヴォルフガングさんがサウンドをミックスしたものです。

なお、ジャケットのカバーアートは、Conさんファンにはお馴染みの漫画家Matt Howarthさんによるものです。



side a:
1. zug (20:14)
side b:
1. zug - reshaped by Pole (7:03)
2. zug - remixed by borngräber & strüver (10:32)

リリース元: m=minimal (MM-001lp 2010年8月30日)
主な購入先: アマゾン HMV

2010年にリリースされた本LP『Conrad Schnitzler - Zug, incl. Remix by Pole』は、『ZUG』(レッド・カセット)の再発盤です。A面にはオリジナル・バージョン、B面にはConさんファンのStefan Betke(通称Pole)によるリミックスとBorngräber & Strüverによるリミックスがそれぞれ収録されています。マスタリングはPoleとKassian Troyer (Radian)の手によるものです。なお、リリース元のドイツ・ベルリンのm=minimalは、当時始めたばかりの新レーベルで、その記念すべき初リリースが本作品でした。

本作のB面の2トラックは、その後、2012年にリリースされたZugのリミックス集CD『Zug Reshaped And Remodeled By Ricardo Villalobos & Max Loderbauer 』(M=Minimal ‎– mm-012cd )にも収録されました。

※関連項目:
Conrad Schnitzler / The red cassette
Conrad Schnitzler / Zug


"Tausender Programm"(1000本プログラム)は、合計1000本のカセットを用いた大規模なコン・サート・イベントのプロジェクトです。

1986年、Conさんは、4本一組のカセット・コン・サートを250の異なる空間で同時に行い、聴衆は、それらの空間を自由に行き来して楽しむことができるようなイベントのプロジェクトを思い立ちました。このプロジェクトに必要なカセットの数は1,000本(250部屋 x 4本)となるため、Conさんは"Tausender Programm"(1000本プログラム)と名付けました。このイベントを行うためには、例えば大きな城のような、部屋がたくさんある場所を探す必要があるだろうと、Conさんは考えていました。

さて、このプロジェクトのために、Conさんは4年間掛けて、実質、600本の黒いカセットを各1部ずつ制作しました。そのため、イベントの実施には150もの空間(部屋)がある場所が必要、ということになります。

なお、他の作品とは異なり、販売目的で制作されたものではありません。(生前Conさんは、購入希望の熱心な海外のファンの方にも販売をお断りしていました。)

ところで、このプロジェクトには別のアイデアもあり、それは、聖堂やスタジアムのような広い場所に1000人が集まり、1000本のカセットを同時に鳴らすイベントを開催することです。Matt Howarthはそのイメージを題材に漫画を書いていて、そこでは、1000人が1000台のラジカセを手にして、1000本のカセットを同時に鳴らす様が描かれています。


Cassetten für alle (すべての人にカセットを)
(画像はConさんご提供。)

2014年9月10~28日、ノルウエーのオスロで開催された「オーディオビジュアル インスタレーション by コンラッド・シュニッツラー」では、このプロジェクトの最初の48本のカセットを素材としてミックスした、計6つのコン・サート作品が流されました。1000本プログラムの音源が一般公開される貴重な機会となりました。



リリース元: Generator Sound Art (GSA-20 2010年6月)
リリース枚数: 27
主な購入先: Generator Sound Art (米国)
試聴: Generator Sound Art (※MP3ファイルへの直リンクです。)

10枚組CD-Rボックス『Zehner』には、ミックス作品『00/333 Kräne』と、それに使用されたソロ・ボイス作品9枚(00/287+00/288+00/289+00/291+00/325+00/326+00/327+00/329+00/331)が入っています。なお、各CD-Rのレーベル面はGenerator Sound Artのロゴ入りのオリジナル・デザインで、CD-R一枚一枚にConさんのサインと日付、指紋のスタンプが付いています。限定27セットのみの生産です。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..