サイト内検索
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2020年11月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発リマスター盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

Work in progress

リリース数: 100
リリース元: Edition Block (1974年)

・LP "Schwarz" (KS 1001)
side one: Eruption 1 (31:04)
side two: Eruption 2 (25:30)

・LP "Rot" (KS 1002)
side one: Meditation (20:00)
side two: Krautrock (20:10)

・LP "Blau" (KS 1003)
side one: Die Rebellen Haben Sich In Den Bergen Versteckt (19:00)
side two: Jupiter (20:00)

・カセットテープ "Kassette"
side one: Detail aus Work In Progress (1974) (30:00)

再発版LP『Schwarz』(『Kluster: Eruption』の再発) 、再発版LP『Rot』、再発版LP『Blau』の計3枚と、カセットテープ『Kassette』1本のボックス・セット。

カセットに収録された作品『Detail aus Work In Progress (1974)』は、"50時間ライブ"の音源を30分ごとに100本のテープに分割したうちの1本。つまり、内容の異なるカセットテープが100部のボックス・セットのそれぞれに含まれていることになります。これらはマスターテープで、コピーライト上、Conさん自身はカセットの複製が許可されなかったそうです。この50時間ライブは、1974年4月に、1日当たり3~5時間のライブを計12回行ったもので、合計50時間に渡るセッションでした。(よく勘違いされるのですが、50時間ぶっ通しで行われたわけではありません。)

なお、生前Conさんに確認したところ、"Krautrock"など、『Rot』や『Blau』の収録曲のタイトルは、Conさんが自分で付けたものではなく、すべて他人により付けられた、とのこと。

本リリースはシリアルナンバー入りで、インサートが付いています。(片面に本作のタイトル”ERUPTION”と曲名等、もう片面に楽譜が書かれています。)さらに、最初の20部のみ布装丁で、追加分の楽譜のインサート(6枚)が付いています。

※本リリースは、『Work In Progress』と呼ばれることもありますが、レーベルによる正式名称は『ERUPTION』です。(Conさん自身は、本リリースを"ERUPTION BOX"などと呼ぶこともありました。)

この記事のコメント

コメントを投稿する








https://fancymoon.com/mrs/tb.php/62

この記事のトラックバック



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..