<< HOME / < NEWER   OLDER >

あれからもう、6年になります



8月4日はConさんの命日です。
2011年にConさんが亡くなられてから6年が経ちました。

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 10:33 PM | comments (0) | trackback (0) |

ジェン・ケン・モンゴメリー、80年代末に日本のテレビ番組に出たことも

1989年に、日本の民放テレビ番組で、米国ニューヨークのGenerator Sound Art Galeryを紹介した際の貴重な映像が公開されています。ジェン・ケン・モンゴメリーが登場し、活動内容を手短に説明しています。(ただし字幕では、間違ってジョン・ケンと記載されています。)また、字幕には出てきませんが、世界中の人々とカセットをやり取りしながらコラボして、音楽を制作していることについても触れていました。

なお、同じ年にリリースされたConさんのCD『CONSTELLATIONS』の(火星の人面岩の)ジャケットも写っています。


動画はこちらから: https://archive.org/details/XFR_2013-08-09_1A_01

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 01:05 PM | comments (0) | trackback (0) |

コンピレーションLP『Berliner / Berlin / in Berlin』



リリース元: M 81 / 12 12 (1982年)
リリース数: 500

ベルリン在住の、Conさんの身内のアーティスト等による作品を集めた、1982年のプライベート・リリースによるコンピレーションLP。Conさんの他、ご子息グレゴール・シュニッツラー(Gregor S.名義)、ヴォルフギャング・ザイデルさんのバンドPopuläre Mechanik、Conさんとのコラボレーション作品をリリースしたことがあるヴォルフギャング・ヘアツ(Hertz名義)等、全6組のアーティスト/グループの作品が、A面(VOCAL)・B面(INSTRUMENTAL)に1曲ずつ、計12曲収録されています。

Conさんの2曲の収録作品のうち、A面のボーカル曲"Paris"は、Berlin ExpressのEP『The Russians Are Coming』のB面に収録されている"The 4:08 To Paris"の別バージョンです。同じフレーズが延々と繰り返されますが、よく聴くと、実は"AUF DEM SCHWARZEN KANAL"の一節であることが分かります。また、B面のインストゥルメンタル曲"Noc & Illig"は未発表曲ですが、1981年にリリースされた『CONTEMPORA』の作風に似た、ミニマルっぽい曲です。さらに、グレゴール・シュニッツラーの2曲の収録作品のうち、A面のボーカル曲"Conspirativ"は、Berlin ExpressのEP『The Russians Are Coming』のB面に収録されている"Die Russen Kommen"です。また、B面のインストゥルメンタル曲"Floh"は、『Con3』のボーナストラック"Con3.4"の別バージョンです。

なお、ジャケット・カバー・アートは、Conさんと(『Control』や『Conal』にもクレジットされている)Richardによるものです。

| その他::音楽作品解説(オムニバス) | 11:25 PM | comments (0) | trackback (x) |

Conrad Schnitzler / CON Live 10.10.84



Side A (31:06)
Side B (30:53)

リリース数: 100
リリース元: Further Records (2010年3月29日)

本リリースは、1984年にリリースされたカセットテープ作品『CON 84』に収録されていた '10.10.84'の再発版で、2010年に、100本限定で米国Further Recordsより60分カセットテープでリリースされました。

なお、オリジナルのリリースでは90分カセットの片面に本作品(約40分)が収録されていましたが、本リリースでは、本編が終わるB面8:30頃以降、ボーナストラックとして、'10.10.84'の短いバージョン(約22分)が収録されています。この短いバージョンは、最初と最後の部分はオリジナル・バージョンと同じですが、途中の部分を編集で短くつないでいます。

ところで、本再発リリースのタイトルに"Live"と付いていますが、実際はライブ作品ではありません。正しくは、いわゆるコン・サート作品となります。

※関連項目:
カセット 『CON 84』
カセット『10.10.84』

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 12:16 PM | comments (0) | trackback (0) |

Conrad Schnitzler / Wolfgang Seidel 『CONSEQUENZ 010B』



リリース元: Mirror Tapes (2011年3月19日)
リリース数: 250

Side 1: (31:44)
Side 2: (32:04)

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさんが、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2010年制作の作品『CONSEQUENZ010B』。本作は、マレーシアのクアラルンプールを拠点とするMirror Tapesより65分のカセットテープで正式リリースされました。

内容的には、電子音とパーカッション、ピアノ音、オルガン音などを用いたフリーアートの小作品集で、3~5分程度の短いトラックが、A・B面に各8トラックずつ(計16トラック)収録されています。ただし、収録されたトラックの曲名や曲数などの情報は一切記載されていません。本作を聴けば、2007年以降リリースされたConsequenz作品の作風がつかめると思います。

本作品は、2008年に閉鎖された旧ベルリン・テンペルホーフ国際空港の使われなくなった地下の一室(特設スタジオ)で制作されました。ジャケットのカードには制作時の写真が掲載されています。

| Consequenz::音楽作品解説 | 11:48 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >

ARCHIVES

<前月 2017年09月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY