<< HOME / < NEWER   OLDER >

LP『CONRAD SCHNITZLER + PHARMAKUSTIK / Extruder』



リリース数: 600(超透明クリア・ビニール盤=150、黒ビニール盤=450)
リリース元: ROTORELIEF (ROTOR0066 2018年7月14日)
試聴: YouTube
主な購入先: アマゾン(黒ビニール盤) アマゾン(クリアビニール盤) HMV(黒ビニール盤) HMV(クリアビニール盤)

A1 Kontaktmechanik (6:26)
A2 Extruder (5:16)
A3 Abrasion Métallique (6:27)
B1 Umspulung (8:05)
B2 Doppelwelle (10:10)

Conさんが生前にPHARMAKUSTIKとコラボした未発表作品『Extruder』が、フランスのROTORELIEFより限定600枚のLPでリリースされました。本作は、2016年にリリースされた『Kontraktion』に続く第2弾で、1986年にConさんの自宅スタジオで録音されたテープ5~6本分のセッションを元に、Siegmar Fricke(PHARMAKUSTIK)が2017年に編集したものです。内容は、前作に引き続き、アグレッシブなインダストリアル・ノイズです。なお、A2の冒頭にConさんの音声が流れます。クレジットによると、使用されている機材は、アナログシンセ(EMS Synthi A,、コルグMS20、ヤマハ CS5)、リズムマシン、エフェクト用機材(Dinacord Echocord、デジタル・ディレイ、ibanezマルチエフェクター)、ラジオとのことです。なお、第1弾の『Kontraktion』がConさんの『Rot』になぞらえて赤いジャケットだったのに対し、第2弾の本作『Extruder』はConさんの『Blau』になぞらえて青いジャケットとなっています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 09:40 AM | comments (0) | trackback (0) |

ボックスセット 『Konrad Schnitzler: Eruption』

Work in progress

リリース数: 100
リリース元: Edition Block (1974年)

・LP "Schwarz" (KS 1001)
side one: Eruption 1 (31:04)
side two: Eruption 2 (25:30)

・LP "Rot" (KS 1002)
side one: Meditation (20:00)
side two: Krautrock (20:10)

・LP "Blau" (KS 1003)
side one: Die Rebellen Haben Sich In Den Bergen Versteckt (19:00)
side two: Jupiter (20:00)

・カセットテープ "Kassette"
side one: Detail aus Work In Progress (1974) (30:00)

再発版LP『Schwarz』(『Kluster: Eruption』の再発) 、再発版LP『Rot』、再発版LP『Blau』の計3枚と、カセットテープ『Kassette』1本のボックス・セット。

カセットに収録された作品『Detail aus Work In Progress (1974)』は、"50時間ライブ"の音源を30分ごとに100本のテープに分割したうちの1本。つまり、内容の異なるカセットテープが100部のボックス・セットのそれぞれに含まれていることになります。これらはマスターテープで、コピーライト上、Conさん自身はカセットの複製が許可されなかったそうです。この50時間ライブは、1974年4月に、1日当たり3~5時間のライブを計12回行ったもので、合計50時間に渡るセッションでした。(よく勘違いされるのですが、50時間ぶっ通しで行われたわけではありません。)

なお、生前Conさんに確認したところ、"Krautrock"など、『Rot』や『Blau』の収録曲のタイトルは、Conさんが自分で付けたものではなく、すべて他人により付けられた、とのこと。

本リリースはシリアルナンバー入りで、インサートが付いています。(片面に本作のタイトル”ERUPTION”と曲名等、もう片面に楽譜が書かれています。)さらに、最初の20部のみ布装丁で、追加分の楽譜のインサート(6枚)が付いています。

※本リリースは、『Work In Progress』と呼ばれることもありますが、レーベルによる正式名称は『ERUPTION』です。(Conさん自身は、本リリースを"ERUPTION BOX"などと呼ぶこともありました。)

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:45 AM | comments (0) | trackback (0) |

メールアドレス変更のお知らせ

jin@xxx.xxx.or.jp のメールアドレスは、2019年1月以降、使用しなくなります。
ご連絡の際は、こちらに掲載したメールアドレス宛てにお願いします。

| このブログについて | 01:51 PM | comments (0) | trackback (0) |

The black cassette (Gelb)

【目次】

カセットテープ『The black cassette』
LP『Konrad Schnitzler: GELB』
LP『GELB』 Very good/Plate Lunch 1981年・再発盤
CD『GELB』(ゲルプ 黄) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤
CD/LP/ダウンロード『Gelb』 Bureau B 2014年・再発リマスター盤

===================================================

●カセットテープ『The black cassette』



プライベート・リリース (1974年)

A:
B:

1972年に制作され、後に『Gelb』のタイトルで再発されることになる作品のオリジナルです。60分のカセットテープでプライベート・リリースされました。

●LP『Konrad Schnitzler: GELB』



リリース数: 500
リリース元: Edition Block (EB 110 1981年)

side one: 12 Stücke aus dem Jahr 1974 / 1 - 5 (18:52)
side two: 12 Stücke aus dem Jahr 1974 / 6 - 12 (21:02)

収録されたほとんどの曲は2~3分にコンパクトにまとめられていて、一般的には聴きやすいと言われています。1曲目はテクノの先駆けといった感があります。

Rot』にも書きましたが、本作の黄昏を連想させるような音からGelb(黄)という色そのものを連想することもあるかと思いますが、Conさんに確認したところ、ジャケットの色は収録作品のイメージとは無関係だそうです。

なお、本作と同じ1972年に制作された『Slow motion』のサウンドトラックには、本作の3トラック目と8トラック目が収録されていて、『Slow motion』のその他の曲も、本作に近い作風となっています。

また、Conさんによれば、1995年の映画"Wüste Westberlin" (Desert West Berlin) のサウンドトラックにも本作が使用されているそうです。

●LP『GELB』 Very good/Plate Lunch 1981年・再発盤

Gelb

リリース元: Very good/Plate Lunch (VGR GELB-PL 02 2002年)

Side one: GELB 1 - 5
Side two: GELB 6 - 11

本リリースは、Edition Block盤LPとは収録内容がやや異なります。Edition Block盤との違いは、Side twoの最後のトラック12が収録されていないことと、いくつかの曲からノイズっぽい音が削られていることです。結果として、Edition Block盤よりも実験性はやや薄まった感があるものの、むしろその分、耳馴染みが良く、作品としての統一感が増したバージョンとなっています。

●CD『GELB』(ゲルプ 黄) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤

Gelb

リリース元: キャプテントリップ・レコーズ (2006年)
主な購入先: アマゾン HMV
リリース数: 800

1. Gelb 1 "ゲルプ1" (6:07)
2. Gelb 2 "ゲルプ2" (2:21)
3. Gelb 3 "ゲルプ3" (3:00)
4. Gelb 4 "ゲルプ4" (2:16)
5. Gelb 5 "ゲルプ5" (5:01)
6. Gelb 6 "ゲルプ6" (4:23)
7. Gelb 7 "ゲルプ7" (3:07)
8. Gelb 8 "ゲルプ8" (2:29)
9. Gelb 9 "ゲルプ9" (2:42)
10. Gelb 10 "ゲルプ10" (2:35)
11. Gelb 11 "ゲルプ11" (3:21)
12. Gelb 12 "ゲルプ12" (2:39)
13. Gelb 13 "ゲルプ13" (7:55)
14. Gelb 14 "ゲルプ14" (12:35)
15. Gelb 15 "ゲルプ15" (6:08)

本リマスター版は、全12曲、Edition Block盤のバージョンで収録されています。また、ボーナストラックが3曲追加されていて、それらはいずれも長めの曲となっています。

※関連項目: Conrad Schnitzler アーリー・カラー・ワークス再発盤 (2006年4月5日発売)

CD/LP/ダウンロード『Gelb』 Bureau B 2014年・再発リマスター盤



リリース元: Bureau B (BB 196 2014年11月14日)
主な購入先: CD(アマゾン) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)

(CDのトラック)
1-12: Untitled
13-15: Untitled (Bonus)

(LPのトラック)
Seite 1:
1-8: Untitled
Seite 2:
1-4: Untitled
5-6: Untitled (Bonus)

本リリースは、2014年11月14日に、デジパック仕様のCD、180グラムLPおよびダウンロードで、ドイツのBureau Bレーベルよりデジタル・リマスター盤として再発されました。ライナーノートが付いている他、CDには3つ(LPには2つ)のボーナス・トラックが収録されています。

なお、本リマスター盤の音質は、キャプテントリップの2006年・リマスター盤と比較すると、(同時にリリースされた『Grün』と同様、)重低音域が若干持ち上がっているなど、僅かながら音質が異なっています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:26 AM | comments (0) | trackback (0) |

The red cassette

●カセット 『The red cassette』オリジナル版



リリース元: プライベート・リリース (1974年)
リリース本数: 800

A:
B:

1972年にパフォーマンスのために制作され、1974年にプライベート・リリースされた60分カセットテープの作品。片面にはリズム・トラックのみ、もう片面にはその他のサウンドのみのソロ・トラックが収録されていて、その2つをミックスすることで『Zug』という作品になるように作られています。両面ともタイトルの記載はありませんが、Conさんはリズム・トラックを"Rhysmus"、その他のサウンドのトラックを"Spur"と呼んでいます。なお、Conさんの本『Con Sequence』には、A) Percus B) Spur と記載されています。Conさん本人に確認したところ、そもそもタイトルは特に重要なことではなく、そのときどきで"Percus"だったり"Rhysmus"だったりしたけれど、そのうちRhysmusに定着したとのこと。さらに詳細は、Zugを参照してください。


カセットテープのレーベル面。(写真はConさんご提供。)

●カセット『Rote Kassette』再発版



リリース元: Generations Unlimited (2015年8月8日)
リリース本数: 100

A:
B:

『The Red Cassette』が、オリジナル版と同じ60分カセットで、2015年8月8日に米国Generation Unlimitedより限定100本で、『Rote Kassette』のタイトルの元リリースされました。なお、本リリースの装丁はオリジナル版を忠実に再現していて、カバーアートのデザインだけでなく、赤いカセットケースや、カセットのレーベル面の写真までもが同じものとなっています。

本リリースに伴い、『CON-MYTHOLOGY 2015』の一環として、リリース・イベントがニューヨーク・シティで開催されました。このイベントでは、『Red Cassette』のオリジナル・コンセプト(詳細は『Zug』を参照)に基づくオーディエンス参加型のフリーコンサートが行われました。当日は、(ちゃんと動作する)カセットプレーヤーを持参した最初の10名に、本『Rote Kassette』が配られました。

※関連項目:
Conrad Schnitzler / Zug
Zug再発盤LP"Zug, incl. Remix by Pole"、リリース!!

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 12:23 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY