サイト内検索
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2022年09月 次月>>
最近の記事
コメント
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: Marginal Talent ‎(MT-326 1997年)

1997年にCD+5インチ・アナログディスクでドイツのMarginal Talentよりリリースされたコンピレーション『The Art Of Marginal Talent』には、CDにConさんのトラック"00034/1 (Contempora)"が収録されている他、5インチ・アナログディスクにKlusterのトラック"Eruption (Extract From Part 2)"が収録されています。CDに収録された"00034/1 (Contempora)"は、作風は現代音楽で、プライベートリリース『00/034 OutdoorConcert』の1トラック目ですが、ただし、野外のサウンド(鳥のさえずり、飛行機が通り過ぎる音)が入っていない別バージョンです。(ちなみに、コンピレーション『Bad Alchemy Nr 20』に収録された"Davido"は同じ『00/034』の4トラック目ですが、こちらも同様に、野外のサウンドが入っていません。)5インチ・アナログディスクに収録されたKlusterのトラック"Eruption (Extract From Part 2)"は、Marginal Talentから再発されたCD『Eruption』に収録された2トラック目からの抜粋で、作品中最も激しい13~14分頃のパート(約1分半)が収録されています。



リリース元: Hayfever

1996年12月に33回転の7インチEPでリリースされたコンピレーション『Hayfever No. 3』には、Faustなどの他に、Conさんの曲"Congenerator"がB面1曲目に収録されています。この曲は、プライベート・リリースCD-R『00/103 three japan girls』のトラック4にも収録されています。『00/103』には、電子音と共に声を用いた作品がいくつか収録されていますが、"Congenerator"もその一つで、パーカッションのアタック音と共に発せられる掛け声の他、よく聞くと、高い声・低い声の「アーーー」という声のサンプリング音が複数ミックスされています。



元のページ: https://www.youtube.com/watch?v=OwRmefyvml4

ヴォルフガング・ザイデルさんより、新しいビデオをアップしたとの連絡がありました。先日デュッセルドルフで開催された"Manchmal artet es in Musik aus" (Sometimes it gets out of hand and turns into music)のイベントのために古い音源を探していたら、このMetal Musicを見つけたそうです。


リリース元: Woodberry Music (6-079 307 1993年)

1993年にCDでドイツのWoodberry Musicよりリリースされたコンピレーション『Syntonic Waves Vol. 4』には、Conさんのトラック"Isotop"が収録されています。このトラックでは、くぐもったドローン・サウンドをベースに、カチカチ・カタカタと、まるでハンマーで叩くようなサウンドが被さります。タイトルがアイソトープということもあり、ウラン鉱山での被ばくを連想させるような、何だか怪しげな雰囲気を醸し出しています。




提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..