サイト内検索
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2021年11月 次月>>
コメント
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: bureau B (BB252 2016年11月18日)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)
試聴: SoundCloud
公式ビデオ: YouTube

1. Doozer (4:28)
2. Dabb (3:56)
3. Wollwachsalkohol (3:16)
4. Parabelflug (7:12)
5. Inspektion (3:23)
6. Wie Geht Die (3:28)
7. Wurmloch (23:51)

本リリースはCon-structシリーズの第4弾『CON-STRUCT』です。2016年11月18日にCD、LP(CD付き)、ダウンロードでドイツのbureau Bよりリリースされました。Con-structのコンセプトは、Conさんのソロ・トラックに他のアーティストがサウンドを重ねて作品を構築(Construct)するものですが、本作では、Schneider TMがオファーされました。内容は、Conさんの存在感あるソロ・ヴォイス作品のみを音素材として、リアルタイムにミックスしたコン・サート作品となっています。Conさん独自のユニークな感性を尊重したミックスに仕上がっていて、その分完成度も高く、成功した作品といえると思います。Conさんもきっと喜んでいることでしょう。

Schneider TMのコメント:
Con-structシリーズに誘ってもらい、とても幸せだし光栄だ。今回、コンラッドの霊をなるべく間近に感じたかったので、あたかも同じ部屋で彼とコラボしているかのように、彼のサウンドを流しながら、リアルタイムに音の編集や処理を行った。まるで、ライブ・コンサートのような感じで。今回録音したものは、すべてコンラッドのサウンドのみで、私はそれを自分のシステムに通し、ライブで音処理した。セッションの間、私はまるで彼と会話しているかのような感覚だった。実は、彼の未亡人ギゼラ(ギル)・シュニッツラーと会った時に、彼女が言っていたのは、亡くなってから5年たった今でも、毎晩彼女はコンラッドと話をしているとのことだった。だから、彼は絶対まだその辺にいるんだと思った。コンラッド、このような体験をさせてもらい、とても感謝している!


リリース元: bureau B (BB244 2016年10月28日)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)
試聴: SoundCloud

●CDのトラックリスト:

1. 03/1980 (5:05)
2. 10/1975 (3:57)
3. 04/1980 (4:12)
4. 10/1980 (3:29)
5. 12/1980 (1:54)
6. 09/1975 (3:14)
7. 02/1980 (6:55)
8. 07/1980 (4:04)
9. 08/1975 (4:54)
10. 01/1980 (4:39)

●LPのトラックリスト:

Side A
1. 03/1980 (5:05)
2. 10/1975 (3:57)
3. 04/1980 (4:12)
4. 10/1980 (3:29)
5. 12/1980 (1:54)
6. 09/1975 (3:14)

Side B
1. 02/1980 (6:55)
2. 07/1980 (4:04)
3. 08/1975 (4:54)
4. 01/1980 (4:39)

本作『Filmmusik 1』は、2016年10月28日、CD/LP/ダウンロードでドイツのbureau Bレーベルよりリリースされました。内容は、2011年10月にQbicoよりリリースされた10枚組ボックスセット『omicron, rho, sigma, tau, upsilon, chi, psi, omega』に含まれるLP『CONRAD SCHNITZLER- Film music 1975』の元となった2枚組プライベートリリースCD-R『FilmMusik 1975 A』および『FilmMusik 1975 B』から選曲されたトラックです。SoundCloudより試聴できます。

ただし、レーベル側の認識違いにより、『FilmMusik 1975 A』および『FilmMusik 1980 B』からの選曲とされていて、タイトルもそれに準じたものとなっています。後日、私の方でレーベルに連絡したところ、第2集『Filmmusik 2』のライナーノートにて、その件について訂正していただくことになりました。誠実な対応でよかったと思います。

ちなみに、本作に収録された10トラック中7トラックはQbico盤にも収録されていますが、Qbico盤の場合、冒頭部が数秒カットされているトラックがあります。

なお、7トラック目(LPのB面1曲目)"02/1980"は、『CON videos 1970's』の12トラック目のビデオ"Gute Fahrt"に使用されている曲です。実は、私が個人的にこのビデオの曲を気に入り、生前ConさんにCD-R化をリクエストしたところ、古いアーカイブから前述の2枚組CD-Rを制作してくれた、という経緯があります。今回、CD-R版の音源をリマスターした正式リリースに至り、非常に感慨深いものがあります。


リリース数: 500(超透明クリア・ビニール盤=100、黒ビニール盤=400)
リリース元: ROTORELIEF (ROTOR0051 2016年10月3日)
主な購入先: アマゾン(クリア・ビニール) アマゾン(黒ビニール)アマゾン(盤色不記載) アマゾン(盤色不記載) HMV ディスクユニオン
試聴: YouTube

A1: KONTRAKTION (PHASE 1)
A2: KONTRAKTION (PHASE 2)
B1: ELECTRIC TRANSMISSION
B2: CHROMIT
B3: WERKSTOFF

本作は、Conさんが生前にPHARMAKUSTIKとコラボした未発表作品で、フランスのROTORELIEFより限定500枚のLPでリリースされました。本作品は、1986年11月と1987年7月にConさんの自宅スタジオで録音した2つの長いセッションを、2014年にSiegmar Fricke(PHARMAKUSTIK)が編集・再構築・再結合し、5つのサウンドスケープに仕上げたものです。EMS Synthi A,、コルグMS 20、リズムマシン、サンプラー、ディレイ等のエフェクトを用いた本作品は、Conさん風に言うと「2人の荒っぽい鍛冶屋が作ったサウンド」で、アグレッシブなインダストリアル・ノイズとなっています。

なお、タイトルの『Kontraktion』はドイツ語で"収縮"の意味で、2つの長いセッションを編集して収縮させたことを示唆していて、なおかつ"Kon"(Con)で始まる"Con言葉"となっています。
本リリースは、限定100枚の超透明クリア・ビニール盤と限定400枚の黒ビニール盤の2種類のLPでリリースされました。



リリース元: リリース元: ROTORELIEF (ROTOR0078 2021年10月18日)
リリース数: 500 (シリアル番号入り)
主な購入先: ROTORELIEF (フランス)
試聴: YouTube

Conさんが生前にPHARMAKUSTIKとコラボした未発表3部作の最後の作品『Schubkraft』が、2021年10月18日にフランスのROTORELIEFより限定500枚(シリアル番号入り)のLPでリリースされました。YouTubeで本作のサンプルが公開されています。




提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..