サイト内検索
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発リマスター盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: Badland Records (BAD No. 005 1989年)
リリース枚数: 2000 ※ただし、1992年の再プレスを含む

1. First Constellation (30:10)
2. Second Constellation (38:50)

1989年にフランスのBadland Recordsよりリリースされた本作品は、Conさん初のCD作品です。ノンストップで70分以上もの作品が収録できるCDという新たなメディアを、当時、Conさんは大いに気に入っていて、本作品も、そのメリットを生かして計69分の大作となりました。なお、本CDはデジタル・マスタリングが施されているため「ADD」の表記があります。

本作の作風は、電子音響を用いたサウンド・アート的なもので、自由にサウンドが飛び交います。1トラック目の"First Constellation"は、元々は、プライベート・リリース作品『87/J』に収録されていたカセット・コン・サート"21.4.87"です。リズムはなく、ほとんどメロディーと呼べるような要素もなく、音程も、特に12音音階に基づいているわけでもありません。なお、中盤、いろいろなトーンの(恐らく合成音声と思われる)声で、何度も同じ単語を発声するエピソードがあります。(例えば、überhaupt("そもそも"の意味)と聞き取れる箇所があります。)

2トラック目の"Second Constellation"は、Conさんが「ミニ」と呼ぶ1~2分程度の音素材に、さらに他のサウンドをミックスしてつなぎ合わせたものですが、ここで使用されている元の「ミニ」集は、そのアップスピード・バージョンが、プライベート・リリース作品『87/L』に"1.12.87"として収録されています。こちらは1トラック目と異なり、ところどころ、若干、曲的な要素も付け加えられていて、例えば、元の「ミニ」集には収録されていないピアノの演奏が絡むエピソードがあります。また、ドラムのリズムが鳴り響くエピソードがありますが、こちらは元の「ミニ」集にも収録されているものです。ミックスはConさん自身によるものではなく、レーベルのオーナーで、後にArtgalleryレーベルを立ち上げるSerge Leroyによるものです。(クレジットにもそのように記載されていますが、生前、Conさん本人にもダブルチェック済み。)

なお、タイトルの『CONSTELLATIONS』には、「星座」の他に「様々なものの集り」という意味もありますが、Conさんの本作品に対するコンセプト(サウンド・タイプの異なるエピソードへと次々にジャンプしていき、それらをつなぎ合わせていく。)を表しているものと思われます。

ところで、ジャケットには、『CONSTELLATIONS』の持つ「星座」の方の意味に合わせてか、かつて話題になった火星の人面岩の写真が使用されています。また、付随するブックレットには、Conさんの様々な写真などが掲載されていますが、真ん中のページに掲載されているペインティングは、ジャクソン・ポロックのドロッピング・アートに触発されて、Conさんが自ら制作したものと思われます。

【目次】

CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / オリジナルLP版 『CONGEN - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』
CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / 再発60分カセット完全版 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』
CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / ダウンロード版 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』

===================================================

●CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / オリジナルLP版 『CONGEN - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』



リリース数: 1000
リリース元: Generations Unlimited (GC-LP02 1988年)

Side one:
1. MY FATHER'S HOUSE
2. TSCHERNOBYL
3. OH GOTT!
4. COLD BLACKSMITH
5. WE TAKE CHANCES
6. PICTURES
7. DEVIL, CHILLI & BEANS
8. EAR CRY
Side two:
1. The STORY: IN 8 PARTS
FIRST MOVEMENT ERUPTION TWO
SECOND MOVEMENT RESOLUTION FACADE
THIRD MOVEMENT GRAVE REALISATION TRANSFORMS TO EXCITMENT
FOURTH MOVEMENT HEARING THE CALL
FIFTH MOVEMENT TIME FOR CONTEMPLATION

TO BE CONTINUED...

1988年の米国Generations Unlimitedより1000枚限定でリリースされた本LPは、Conさんとジェン・ケン・モンゴメリーとのコラボレーション作品です。A面は1988年に、B面は1987年に、それぞれベルリンにあるConさんの自宅スタジオで収録されました。

本作のプロジェクトは、LPがリリースされる2年前に始まり、まず、1986年に60分カセットでアーリー・バージョン『GENCON PRODUCTIONS』がリリースされました。そして、内容を煮詰め直してから本LPをリリースした経緯があります。そのため、『GENCON PRODUCTIONS』には、本作の収録曲やそのミックス違いが含まれます。

本作では、サウンドの多くがノイズとして用いられています。ただし、聴き心地が極端に悪い・苦痛を伴う類のものではなく、聴き心地のいいノイズや有機的な音色のノイズです。人の声やバイオリンの音色さえも、本作ではノイズの括りに入れられそうに思います。

とはいえ、より音楽的なトラックも収録されています。A面5トラック目の"We take chances"は、前年の1987年にリリースされたLP『CONGRATULACION』のA面1曲目(調が違う別バージョンがB面8曲目にも収録)に、ジェン・ケンが歌を付けたバージョンですが、ポップな歌ものに仕上がっています。また、A面4トラック目"Cold Blacksmith"は、同じく『CONGRATULACION』のA面6曲目の別バージョンで、こちらもメロディとリズム的な要素があります。

ところで、本LPのタイトルは、表ジャケットには『CONGEN』、裏ジャケットには『GENCON』と明記されています。便宜上『CONGEN』と呼ばれていますが、実は『GENCON』でもあるわけです。サブタイトルの"NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC"は、Conさんの作品を区分するときに用いられるジャンルの一つ、"Dramatic Electronic Music"から来ています。

●CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / 再発60分カセット完全版 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』



リリース元: Generations Unlimited (R.GU-GC1 2014年)
リリース部数: 100
購入先: Generations Unlimited (米国)

Side A:
RECHTESEITE
MY FATHER'S HOUSE
TSCHERNOBYL
OH GOTT!
COLD BLACKSMITH
WE TAKE CHANCES
PICTURES
DEVIL, CHILLI BEANS
EARCRY

Side B: The STORY: IN 8 PARTS
FIRST MOVEMENT: ERUPTION TWO
SECOND MOVEMENT: RESOLUTION FACADE
THIRD MOVEMENT: GRAVE REALISATION TRANSFORMS TO EXCITMENT
FOURTH MOVEMENT: HEARING THE CALL
FIFTH MOVEMENT: TIME FOR CONTEMPLATION
CONTINUATION... (KITCHEN MUSIC)
SIXTH MOVEMENT: MORE CONTEMPLATION

2014年の本再発リリースは、 『CONGEN - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』の「60分完全版」カセットです。A面B面のそれぞれに、LP版には未収録だった音源が追加されています。

A面は、LP版と比べると、クレジット上では1曲目に「RECHTESEITE」が追加されていますが、実際は異なり、「WE TAKE CHANCES」の前に「STICKS」というトラックが追加されている他、「EARCRY」の後にも2トラック追加されています。また、A面の一部のトラックは、LP版とはバージョンが異なります。(プライベート・リリースのCDR『TRA11Mix』(トラック1-11)には、A面のほとんどのトラックが収録されています。)

B面は、LP版に収録しきれなかった、続きのパート(約9分)が追加されています。(プライベート・リリースのCDR『TRA10Mix』(トラック1-10)には、B面のトラックの別バージョンが収録されています。)

なお、本リリースのタイトルは、本来は『GENCON』であり『CONGEN』でもあるわけですが、正式タイトルが『GENCON』なのは、単に印刷会社の都合だそうです。

ところで、本リリースは、2014年12月14日~2015年2月1日に米国ニューヨーク MoMA 別館PS1にて開催されたイベントの会場でのみ販売されていましたが、2015年2月末より、発売元のGenerations Unlimitedレーベルのウェブショップにて販売開始されました。

●CONRAD SCHNITZLER & GEN KEN MONTGOMERY / ダウンロード版 『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』



リリース元: Generations Unlimited (2014年12月1日)
購入先: Bandcamp (米国)

1. RECHTESEITE
2. MY FATHER'S HOUSE
3. TSCHERNOBYL
4. OH GOTT!
5. COLD BLACKSMITH
6. STICKS
7. WE TAKE CHANCES
8. PICTURES
9. DEVIL, CHILLI BEANS
10. EARCRY
The STORY: IN 8 PARTS
11. FIRST MOVEMENT: ERUPTION TWO
12. SECOND MOVEMENT: RESOLUTION FACADE
13. THIRD MOVEMENT: GRAVE REALISATION TRANSFORMS TO EXCITMENT
14. FOURTH MOVEMENT: HEARING THE CALL
15. FIFTH MOVEMENT: TIME FOR CONTEMPLATION
16. CONTINUATION... (KITCHEN MUSIC)
17. SIXTH MOVEMENT: MORE CONTEMPLATION
18. SEVENTH MOVEMENT
19. EIGHT MOVEMENT
20. CONCLUSION

『GENCON - NEW DRAMATIC ELECTRONIC MUSIC』のダウンロード版です。MP3の他、WavやFLACフォーマットも提供されています。ただし、60分完全版の再発カセットに収録されていた、「EARCRY」の後の2つのトラックは、本リリースには含まれていません。

【関連項目】

Conrad Schnitzler / Congratulacion
Conさんの歌もの


リリース元: Sound Of Pig Music (SOP 185 1988年)
購入先: POGUS Productions (Sound Of Pig Music) (米国ニューヨーク州)

ANALOG SIDE:
PLAYING WITH DINOSAUR JAM (12.9.86)

DIGITAL SIDE:
MINIMAL MIX (2.9.87)

本作品は、1988年に米国のSound Of Pigより90分カセットテープでリリースされたライブ音源です。Conrad Schnitzler & Gen Ken Montgomery名義の本作は、Conさんのサウンドにジェン・ケン・モンゴメリーのサウンドがミックスされたものですが、実は、Conさん自身はこの作品にあまり乗り気でなく、「こういう作品があるのは、仕方のないこと。」と考えていたそうです。

なお、"ANALOG SIDE"の前半で流れるベース・ラインは、エフェクト処理が異なるものの、Conさんのビデオ作品『Plan System』のベースラインによく似ています。

●Conchoオリジナルカセット版



リリース元: Generation Unlimited (MCS1 1988年)

Side A: Untitled
Side B: Untitled

本作は、ConさんとMichael Chocholakとのコラボレーションにより、1988年に米国Generation Unlimitedより60分カセットテープでリリースされました。本作品では、シンセサイザーの他、フルート、バイオリン、ピアノ、ホイッスル、声などアコースティックなサウンドが用いられていて、それらはノイズとして使われていたり、曲によってはメロディーを奏でる楽器として使われていたりするのですが、適度に掛けられたエコーの効果も相まって、どちらかというと、ゆったりとした感覚の曲が目立ちます。

なお、Michael Chocholakは、米国オレゴン州で馬の牧場を営む傍ら音楽活動を行っています。本作品には、Michaelの奥さんMisha Noghaも参加していますが、彼女はミュージシャンの他、作家として受賞歴があります。

ところで、本作で使用されなかった短いアウトテイク、『Conchidium with Conrad Schnitzler』をsilophone.netより無料で聴くことができます。(Conさんの息の音です。)

※聴き方:
事前にReal Audioプラグインのインストールが必要です。
1) silophone.netにアクセス後、左下hear silophoneアイコンをクリック。
2) 中央下play the silophoneアイコンをクリック。
3) 曲のリストが表示されたら、Jump to the: name:▼ Conchidiumで検索。
4) Conchidium with Conrad Schnitzle が最上位に表示されるので、ラジオボタンをチェック。
5) ページ上部のplayアイコンをクリック。
約30秒程度で再生が始まります。

●Conchoカセット再発版



リリース元: M&M Music (1990年)
試聴: SpithraSyrinx

Side 1 - Canaliculate - Haemanthus - Spithra - Winged Strombis - Huisquil - Syrinx - Equus - Popoloca - Fulgaris               - Conchidium
Side 2 - Concheros

マット・ハワースの絵をジャケット・カバー・アートに使用した本再発リリースでは、各曲にタイトルが付けられています。ただし、Conさんに生前確認したところ、本作品は再発リリースしたくないとのことでした。そのため、本再発リリースが実際にどの程度の規模で販売されたかは不明です。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..