<< HOME /   

CDR: Consequenz / CONSEQUENZ 010/A



プライベート・リリース (2011年2月20日)

1-26

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさんが、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2010年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 010/A』。弦をガリガリ引っかく音で始まる本作は、様々な種類の生パーカッション、鉄琴といったアコースティック・サウンドにピアノや電子音を融合させたもの。(ただし、後半ではバイオリンも使用されています。)全体的に少しエコーが掛ったサウンドの場は、幻想的な雰囲気を醸し出していますが、作風はKのKluster(クルスター)の発展形といった感じで、たまに、なんとなくメロディーっぽい要素も入ります。なお、前半から中盤にかけては、しばしばワイルドなサウンドも入りますが、後半からエンディングに向けては、少しゆったり目な感じに移行していきます。約60分ノンストップのフリーアート作品。

| Consequenz::音楽作品解説 | 10:46 AM | comments (0) | trackback (0) |

CDR: Consequenz / CONSEQUENZ 2.12.09 - SONDERFLÜGE ABFERTIGUNG B



プライベート・リリース (2011年2月20日)

1-31

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさん(クレジット名はヴォルフ・シークエンツァ)が、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2009年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 2.12.09 - SONDERFLÜGE ABFERTIGUNG B』。

ボコボコいうサウンドで始まる本作は、ちょっとカオス感が漂う幻想的なノイズの中で、ビートが様々に変移していく約60分ノンストップの作品です。メロディーと呼べるものはありません。
ビートは、弦楽器の短いアタック音の4つ打ちに始まり、さらに、シャッフルの跳ねるビートや、ダンスビート、アフリカン・パーカッションのような細かい16ビート、再びシャッフル、4ビートから8ビートを経て16ビートまでリズムが徐々に変容、といった具合に多彩に移り変わっていきます。最後の方では、ハンマービートっぽいリズムも出てきます。

なお、本作のサブタイトル"SONDERFLUEGE ABFERTIGUNG B"は、「特別フライト便 チェックイン B」のような意味で、ジャケット写真の撮影場所である旧ベルリン・テンペルホーフ国際空港に実在したものです。本作は、正にConsequenzの「特別便」的な作品です。

ところで、同じくConさんとヴォルフガング・ザイデルさんのプロジェクトだった"KW (KiloWatt)"の作品集『10 kW/h』に含まれるUSBメモリのトラック『Sonderflug』は、本作の別ミックスです。

| Consequenz::音楽作品解説 | 05:38 PM | comments (0) | trackback (0) |

Consequenz / CONSEQUENZ 09/B



プライベート・リリース (2011年2月20日)

1-30

Conさんとヴォルフガング・ザイデルさん(クレジット名はヴォルフ・シークエンツァ)が、1980年から断続的に続けていたプロジェクト、"Consequenz"の2009年制作のCDR作品『CONSEQUENZ 09/B』。内容は、幻想的でゆるやかな電子音が、形を変えながら約60分ノンストップで流れていく感じです。ときどき、まるでアクセントを付けるかのように、パーカッションの連打が入ります。

| Consequenz::音楽作品解説 | 10:52 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /   


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY