<< HOME /   

Konrad Schnitzler / ERUPTION ボックスセット

●『ERUPTION』

Work in progress

・LP "Eruption" (Schwarz)
side one: Eruption 1 (31:04)
side two: Eruption 2 (25:30)

・LP "Rot"
side one: Meditation (20:00)
side two: Krautrock (20:10)

・LP "Blau"
side one: Die Rebellen Haben Sich In Den Bergen Versteckt (19:00)
side two: Jupiter (20:00)

・カセットテープ "Work In Progress 1974"
side one: Detail Aus Work In Progress (30:00)

リリース数: 100
リリース元: Edition Block (1974年)

LP『Eruption』(Schwarz) 、『Rot』、『Blau』の3枚とカセット作品『Work In Progress』のボックス・セット。カセット作品『Work In Progress 1974』は、"50時間ライブ"の音源を30分ごとに100本のテープに分割したうちの1本。つまり、内容の異なるカセットテープが100部のボックス・セットのそれぞれに含まれています。しかも、それらはマスターテープだと言われています。この50時間ライブは、1974年4月に、1日当たり3~5時間のライブを計12回行ったもので、合計50時間に渡るセッションでした。(よく勘違いされるのですが、50時間ぶっ通しで行われたわけではありません。)

なお、本作品はシリアルナンバー入りで、インサートが付いています。(片面に本作のタイトル”ERUPTION”と曲名等、もう片面に楽譜が書かれています。)さらに、最初の20部のみ布装丁で、追加分の楽譜のインサート(6枚)が付いています。

※本リリースのタイトルは『ERUPTION』が正式名称です。『Work In Progress』というタイトルで呼ばれることがありますが、それは、本リリースに含まれるカセットテープ作品のタイトルです。(Conさん本人は、本作を"ERUPTION BOX"と呼んでいました。)

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:52 AM | comments (0) | trackback (0) |

『GOLD』

【目次】

オリジナル版CD『GOLD』
CD/LP/DL再発版『GOLD』

===================================================

●オリジナル版CD『GOLD』

Gold

リリース元:MARGINAL TALENT (2003年5月1日)
主な購入先: アマゾン

1-14

全14トラック、すべて曲名はありません。また、GOLD一色で何も書かれていない10ページのライナーノート(?)が付いています。(同じくMarginal Talentから2001年に再発された『BLAU』のCD版と同じパターンです。)

多くの曲にははっきりとしたメロディーがあるため、かなり聞きやすい部類に入ると思います。6曲目は、CD『Contakt』に収録された3曲目の初期ミックスと思われます。Conさん本人に確認したところ、これらの音源はすべて1974-1978年に友人宅で録音されたもので、友人によってテープが保管されていたそうです。とはいえ、実際にはデジタル音源が使用されているため、都合により録音し直したと考えるのが妥当かと思います。(息子の家から見つかったという話もありますが、Conさん曰く、それは事実ではないそうです。)

同じように友だちによって保管されていた70年代の別のテープは、後に『SILVER』としてリリースされましたが、Conさんによれば、その他にもまだ同年代のテープのストックが残っているとのことでした。レコード・レーベルの方は、是非『プラチナ』(?)や『ブロンズ』(??)のリリースのご検討を!

●CD/LP/DL再発版『GOLD』



リリース元: Bureau B (BB 150) (2013年11月8日)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)
試聴: Bureau B

1-14

本作は、2013年11月8日、ドイツのBureau Bレーベルよりデジパック仕様のCD、180グラムLPおよびダウンロードでリリースされた、デジタル・リマスター再発版『GOLD』です。ライナーノートが付いています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 06:37 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /   


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY