サイト内検索
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2020年12月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発リマスター盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: Artgallery (AG 004 CD 1994年)

1. Con Repetizione Part 1 (90/07) 29:18
2. Con Repetizione Part 2 (90/07) 30:01

本作は、プライベート・リリースのカセットテープ『90/07』の正式リリース盤です。タイトルのCon Repetizione(コン・レペティツィオーネ)は「繰り返し、反復を伴って」という意味で、内容がミニマル・ミュージックであることを示唆しています。Conさんによると、スティーブ・ライヒのような作品を試してみたそうで、実際にやってみたら1日で出来上がってしまったそうです。ただし、スティーブ・ライヒへのオマージュではないとのこと。収録された2曲は共にリズミカルで聴き心地のいい作品です。1曲目はピアノの音、2曲目は耳馴染みの良いシンセの音色が使用されています。

なお、ジャケット・カバーに使用されている写真は故ナム・ジュン・パイクの作品です。ナム・ジュン・パイクについては、「偉大なアーティストだ。」というコメントをConさんから生前にいただいています。Conさんによると、1960年代にフルクサス・コンサートがデュッセルドルフにやって来たとき、Conさんも観に行ったそうですが、そのときステージ上にナム・ジュン・パイクがいたそうです。そしてその後、大分経ってから、Conさんはナム・ジュン・パイクと個人的な交流を持つようになったそうです。

●CDR『90/07』



プライベートリリース

トラック: 1-2

『Con Repetizione』のオリジナル盤です。

この記事のコメント

コメントを投稿する








https://fancymoon.com/mrs/tb.php/86

この記事のトラックバック



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..