サイト内検索
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2020年09月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発リマスター盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

●カセット『Context』オリジナル版

Context

プライベート・リリース (1981年)
ディストリビューション: Transmitter Cassetten (TC 42)

Conさんは、1970年代から1980年代に掛けて、ストリート・パフォーマンスを行うことがありました。彼は、2台のカセット・プレイヤーとミキサー、また、ときにはバッテリで駆動するシンセサイザまで持ち運び、その場でライブ・ミックスしたサウンドをアンプ付きメガフォン・ヘルメットから流しながら、街や公園を練り歩きました。

そして、そのうちに、彼の作品を求めたがる人が出だしたため、通行人にカセットテープを売るようになりました。本作には、そうしたストリート・パフォーマンス時のサウンドを再現したトラックを収録しています。内容としては、飛び交うスペーシーな電子音が大半で、音楽というよりもサウンドと呼ぶべきものとなっています。

●CD『Context』再発リマスター盤

Context

リリース数: 1000
リリース元: キャプテン・トリップ・レコーズ (2008年4月20日)
主な購入先: アマゾン HMV

1-12.
<BONUS TRACK>
13.

オリジナルカセット版と比較すると、若干の編集がなされ、洗練された仕上がりとなっています。(トラックの順番は、一部、異なります。)なお、13トラック目のボーナス・トラックは複数の音がミックスされていて、本編よりもやや複雑な構成のサウンドとなっています。

※関連項目: コンラッド・シュニッツラー、キャプテントリップからCD全5タイトル、2008年4月20日発売予定!

この記事のコメント

コメントを投稿する








https://fancymoon.com/mrs/tb.php/136

この記事のトラックバック



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..