<< HOME / < NEWER   OLDER >

Wolfgang Seidel さん執筆のクラウトロック本『Wüssen hier raus! Krautrock, Free Beat, Reeducation』、2016年5月に出版されました!!!!!



リリース元: Ventil Verlag (2016年5月)
主な購入先: アマゾン
なか見!: Ventil Verlag (ドイツ語)
インタビュー: WDR (ドイツ語)

以前、英国で『Future Days: Krautrock and the Building of Modern Germany』が出版された際、「クラウトロックの本は、やはり、当のドイツ人が執筆したものがお勧め」というConさん関係者の話を記載しましたが、実はこれはヴォルフガング・ザイデルさんのコメントです。2016年5月、そのヴォルフガング・ザイデルさん自身がクラウトロックの本を出版しました。本書はドイツ語のため、内容の読解は容易ではありませんが、出版元より公開されているなか見!によると、目次には「シュトックハウゼン」、「コズミック・ミュージック」、「アバンギャルドとエレクトロニクス」、「西ベルリン」、「フランクフルト」、「ミュンヘン」、「ハンブルク」、「ビートクラブ」といった気になるキーワードが並んでいます。タイトルの『Wir müssen hier raus!』は「我々はここから外に出ていかなければならない!」といった意味だと思いますが、ヴォルフガングさんが1970年台初頭にドラマーとして在籍したバンドTon Steine Scherbenの2枚目の2枚組アルバム"Keine Macht Für Niemand"のA面1曲目に、同じタイトルの曲が収録されているのは興味深いです。

なお、2016年5月25日、ベルリンの書店にて、ヴォルフガング・ザイデルさんによる出版記念イベントが開催されました。

ぜひ、本書の日本語版を出版していただきたいです!

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 11:47 AM | comments (0) | trackback (0) |

Conさんの誕生日について

Conさんは、彼の誕生日は非公開にして欲しいと言っています。
そのため、このサイトにConさんの誕生日は掲載していません。

【関連項目】

Conさんに関するウソとホント

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 12:00 PM | comments (0) | trackback (0) |

コンラッド・シュニッツラーのコン・サート

ジェン・ケン・モンゴメリー (1990年)
コンラッド・シュニッツラー (2010年9月22日・追記)
日本語意訳:Jin

コンラッド・シュニッツラーのカセット・コンサート

ジェン・ケン・モンゴメリー
Automediaより1990年に出版された『The Cassette Mythos』(注:"カセット神話"の意味)より

カセット・コンサートとは?

カセット・コンサートとは、電子音楽をリアルタイムに制作し、演奏する手法だ。それはベルリンのコンラッド・シュニッツラーによって形成されたが、今や、世界中の作曲家によって行われている。その中には、ニューヨークのデイビッド・マイヤーズとジェン・ケン、ボストンのデイビッド・プレスコット、オレゴンのマイケル・チョチョラック、イタリアのGiancarlo Toniutti、パリのセルゲ・リロイ、東ベルリンのJorg Thomasiusなどが含まれる。
続きを読むにはここをクリックしてください。

原文(英語):Conrad Schnitzler's Con-Cert

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 10:39 AM | comments (0) | trackback (0) |

コンラッド・シュニッツラー作品のライセンスに関する問い合わせ先は、Gilさんに変更されました

諸事情により、Con-panieは、コンラッド・シュニッツラー作品のライセンス管理等は一切行わないこととなりました。
今後は、Conさんの奥さん、Gilさんが直接管理することになります。

Gilさんの連絡先は、こちらのページをご参照ください。

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 09:57 AM | comments (0) | trackback (0) |

Conさんはクラウトロックが嫌い

Conさんは、クラウトロックが嫌いだと明言していました。

元々、ロックは反体制派のための音楽で、しかし、Conさん自身は反体制派ではない、という考え方が根底にあります。また同様に、彼はヒッピーの音楽・文化も嫌いで、その流れを汲むクラウトロックも嫌い、といった感じです。ヒッピーの音楽は「退屈」とコメントしています。

ヒッピーの音楽以外の文化についても、よく知られているように、Conさんは頭の髪を剃っていて、ヒッピーが長髪なのと相反しているのが一目でわかります。また、Conさんはマリファナなどドラッグをやるのも嫌っていました。(ただし、他人がドラッグをやることについてはその人の自由、という意見を持っていました。)Conさんの最初の奥さんのクリスタ・ルンゲさんは、当時、KlusterやEruptionで一緒に音楽活動をしていたものの、その後、ヒッピーのコミューンであるAmon Düülに入ってしまったそうで、Conさんとは別れてしまいました、、

また、その他のエピソードとして、Conさんが1967年にイルミン(アーミン)・シュミットと会ったときのことが挙げられます。イルミン・シュミットは、Conさんが大好きなシュトックハウゼンに学んだ経歴の持ち主で、ウィーン交響楽団などで指揮者として活動し、指揮の受賞歴もある人ですが、Conさんはそのアドバイスの言葉に大変励まされたそうです。ところが、イルミン・シュミットは翌年の1968年に結成されたCanでクラウトロックを始めたので、Conさんは大変失望したそうです。(なお、余談ですが、Canは日本では「カン」と表記されますが、本当の発音は「キャン」だそうです。)

このように、Conさんは、ヒッピーやクラウトロックとは一線を画したところにいたのですが、皮肉にも、現在、Conさん自身の音楽自体も、世間一般では広く「クラウトロック」に分類され、人々から、当たり前のようにそう呼ばれているわけです。(以前は「ジャーマン・プログレッシブ」という言い方もありましたが、今はあまり使われていないように思います。)

しかも『Rot』には、ずばり"Krautrock"という曲まで収録されているため、ますます勘違いの元となっています。実は、Conさんの"Krautrock"という曲のタイトルは、Conさん自身が付けたものではありません。生前Conさんに確認したところ、『Rot』、『Blau』、『Grün』の収録曲のタイトルは、他人が付けたとのことでした。当時、LPを出すにあたり、諸事情により、そのようなタイトルになってしまったようです。

この文章により、少しでも彼に対する誤解が解けてくれれば幸いです。

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 02:29 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >

ARCHIVES

<前月 2017年09月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY