サイト内検索
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2020年08月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

Wandelconcert BOX

プライベートリリース (2006年7月)
購入先: MECANO独占販売

MECANOでは、『CONVICTION』の元となったプライベート・リリース盤、『00/341 WANDELCONCERT』およびミックス前のソロ・トラックを収録したCD-R合計5枚をハンドメイド・ボックスセット仕様で限定販売しました。箱の内側には、Conさん直筆によるシリアル番号、購入者名、本人のサインが記載された紙が貼り付けられています。

ボックスセットには以下のCD-Rが含まれています。

00/331 SQARE (SOLO ELECTRICS) 2005年作成


00/334 FON (SOLO RHYTHMICS) 2005年作成


00/337 BAGGER (SOLO) 2006年作成


00/340 GASTURBINE (SOLO ELECTRICS) 2006年作成


00/341 WANDELCONCERT (MIX SOLOS) 2006年作成


※『00/341 WANDELCONCERT』はCD『CONVICTION』と同一内容です。

『00/334 FON』には、リズム音やシークエンス音の固まりが『00/341 WANDELCONCERT』の長さ分収録されています。『WANDELCONCERT(「移り変わっていくコンサート」のような意味)』は、その名前の如く最初から最後までノンストップで、内容が移り変わりながら曲の切れ目なく繋がっていますが、『00/334 FON』においてもそれは同様です。つまり、『00/341 WANDELCONCERT』全体の構成は、『00/334 FON』をベースにして、それに『00/331 SQARE』、『00/337 BAGGER』および『00/340 GASTURBINE』からの音源を追加、ミックスした形となっています。

『00/331 SQARE』、『00/337 BAGGER』および『00/340 GASTURBINE』には、ドローンや漠然としてぼやけた音、短い電子音、リズム音、ベース音、さらに声を加工したような音など、『00/341 WANDELCONCERT』の構成要素となったソロ音源が収録されています。『00/341 WANDELCONCERT』の中では目立たなかった個々の音も、ここでは、その豊かな表現力による音の存在感を最認識することができます。なお、ソロといっても、実際には複数の音源から構成されているものがあり、そのままでも曲として楽しめるようになっています。

ところで、Conさんは、リスナーがソロ・トラックを独自にミックスして楽しむことを提唱しています。詳細は、Conrad Schnitzlerの、ごく普通に聴くだけでは済まされない音楽作品をご参照ください。

※『CONVICTION』はリリース元のRicochet Dreamが付けた名称のため、本ボックスセットのタイトルは『Wandelconcert BOX』となりました。

この記事のコメント

コメントを投稿する








https://fancymoon.com/mrs/tb.php/44

この記事のトラックバック



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..