サイト内検索
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
コメント
  • CD/LP/DL『Con』 Bureau B・再発リマスター盤、2020年8月7日にリリースされました!
  • クラウトロック大全、2014年6月27日発売!
トラックバック
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)



リリース元: Soul Jazz Records (CD: SJRCD213, LP1: SJRLP213-1, LP2: SJRLP213-2) (2010年)
主な購入先: アマゾン(CD) タワーレコード(CD)
試聴: Soul Jazz Records

2010年に英国のSoul Jazz Recordsよりリリースされたコンピレーション 『Deutsche Elektronische Musik』は、ジャーマン・プログレッシブ・ミュージックおよびジャーマン・エレクトロニクス・ミュージックそのものを広く紹介するもので、全24曲が収録されています。(CD版は2枚組、LP版は2枚組のvol.1と2枚組のvol.2の計4枚。)CD版には36ページの豪華ブックレットが付いていて、歴史的・政治的背景から各収録アーティストの紹介まで写真入りで英語で解説しています。ここではドイツの優れた音楽に対する大きなリスペクトが感じられ、ざっと見た限り、元々蔑称として用いられていた「クラウト・ロック」という言い回しも見当たりません。(*)選曲にも相当こだわって選び抜いた跡が垣間見られ、例えばタンジェリン・ドリームは『Hyperborea』収録の"No Man's Land"、アシュ・ラ・テンペルは『Starring Rosi』収録の歌もの"Daydream"といった具合で、かなり聴きやすくて、なおかつ、割と、ちょっと気になる作品が選ばれているように思います。

さて、本コンピレーションに収録されたConさんの作品"Auf Dem Schwarzen Kanal"にもこだわりが感じられます。なぜなら、ここで聴くことができるバージョンは、1980年にRCAからリリースされたオリジナルEPバージョンだからです。(再発版とは異なります。)

なお、本作品の第2弾 『Deutsche Elektronische Musik 2』が2013年にリリースされていて、こちらにはConsequenz作品(Conrad Schnitzler & Wolf Sequenza名義)の"Fata Morgana"が収録されています。(注* 第2弾の最後のトラックにはファウストの"Krautrock"が収録されています。こちらもまた、こだわりによる、かなり意図的な選曲と思います。)


この記事のコメント

コメントを投稿する








https://fancymoon.com/mrs/tb.php/398

この記事のトラックバック



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..