<< HOME / < NEWER   OLDER >

CONRAD SCHNITZLER and MICHAEL OTTO / MICON IN ITALIA

●オリジナル版LP『MICON IN ITALIA』



リリース元: Auf Dem Nil DMM 003 R (1986年)

A:
1 Sono Finite (2:40)
2 Sage Mir (3:30)
3 Colore/Suono (1:37)
4 Espresso (2:10)
5 Contanastro (1:38)
6 Thompstone (2:40)
7 Circus (2:58)
8 Controllo (2:33)
9 Poco Prima (1:15)
B:
1 Wa Höooa (2:47)
2 Sul Nastro Con Fase (2:35)
3.a Collegato (1:58)
3.b Continua (1:10)
4 Tradizionale Collegate (3:18)
5 Rosso Rapido (3:11)
6 Un Punto (1:40)
7 Gino Ginelli (1:50)
8 Hand-Clap (1:33)

1986年にイタリアのADN Records傘下のAuf Dem Nilより、同レーベルのPaesaggi sonori("サウンドスケープ"の意)シリーズの第2弾としてLPでリリースされた本作品は、Conさんと、ドイツ人の木管楽器バスーン(ファゴット)奏者として知られるMICHAEL OTTOとのコラボレート作品です。クレジットは、A面のトラック2・5・8・9、B面のトラック2・3B・6がConrad Schnitzler、その他のトラックは2人の共作となっています。なお、さらに、Conさんとカセット作品の共作があるWolfgang HertzがA面のトラック5・9、B面のトラック2・3B・6に参加しています。

最長でも3分台と、短くコンパクトな曲が計17曲収録された本作の作風は、Con作品としては、結構聴きやすい部類に入ります。メロディーを伴う曲が多く、歌もの(A面のトラック2"Sage Mir")の他、ノリのいいテクノポップっぽい曲(B面のトラック7"Gino Ginelli")もあります。また、シンセサイザーだけでなく、アコースティック楽器やグラスを叩く音、声、ハンドクラップといった生の音が多く用いられているのが大きな特徴です。付随するインサートには、曲ごとにシンセの型番・使用楽器が記載されているのですが、その中には、コルグMS10・MS20、オーバーハイムXpanderといったシンセに混じって、ギター、電気バイオリン、MICHAEL OTTOが演奏するバスーン、鉄琴のグロッケンシュピールといった記述が見られます。また、その他ヤマハのミュージック・コンピュータCX5やシーケンサ、ボイス・サンプラーなどの記述も見られます。

●プライベート・リリースCD-R『MICON IN ITALIA』



1-25

こちらは、ボーナストラックが7トラック収録されています。ただし、それらには生楽器の音などは入っておらず、作風は、むしろ1986~1987年頃に制作されたConさん自身の作品に近いです。

●プライベート・リリースCD-R『MICON+』



1-36

以前、一時期プライベート・リリースしていた本CD-Rには、ボーナストラックが18トラック収録されています。CD-R『MICON IN ITALIA』に収録されているボーナストラック7トラックの他に、さらに11トラック収録されていますが、こちらの作風も、1986~1987年頃に制作されたConさん自身の作品に近いです。

関連項目: Conさんの歌もの

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 09:56 AM | comments (0) | trackback (0) |

COMMENTS

コメントする (Add comments)








画像のアルファベットを半角大文字で入力してください。

トラックバックURL

http://fancymoon.com/mrs/tb.php/333

トラックバック

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >

ARCHIVES

<前月 2018年11月 次月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY