<< HOME / < NEWER   OLDER >

Kluster / CD『Admira』

Admira

Admira 1–12

参加メンバー
Conrad Schnitzler: electronics
Klaus Freudigmann: electronics
Wolfgang Seidel: electronics

リリース数: 1000
リリース元: Important Records (2008年4月22日)
主な購入先: アマゾン HMV

Klusterの発掘音源。本作は、メビウスとローデリウスが抜けた後に、コンラッド・シュニッツラーが主体となって行われたセッションが収録されています。KlusterのエンジニアだったKlaus Freudigmannが、20年以上開けていなかったスーツケースからKlusterセッション(1970-1973)のテープを何本か発見したことで、今回のリリースに至りました。テープの状態はかなりいいとのことです。ジャケットは、Klusterの『Klopfzeichen』の立体的なデザインを模した、エンボス加工のゲート・ホールド(見開き)紙ジャケ仕様。CDで1000枚のみの限定リリース。

※限定盤の売り切れに伴い、第2版がリリースされています。こちらはプラスチック・ケース入りです。

Admira



| Kluster::音楽作品解説 | 09:49 AM | comments (0) | trackback (0) |

COMMENTS

コメントする (Add comments)








画像のアルファベットを半角大文字で入力してください。

トラックバックURL

http://fancymoon.com/mrs/tb.php/141

トラックバック

<< HOME / TOP / < NEWER   OLDER >


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY