<< HOME /    OLDER >

Con 3

【目次】

LP『CON 3』オリジナル盤
CD『CON 3』 2006年 キャプテン・トリップ・再発リマスター盤
CD/LP/ダウンロード『Con 3』 2012年 Bureau B・再発リマスター盤

===========================================

●LP『CON 3』オリジナル盤



リリース元: Sky (sky 061 1981年)

Side1:
1. Komm Mit Nach Berlin (3:07)
2. Kohlen (3:38)
3. Nächte In Kreuzberg (4:44)
4. Hongkong (5:24)
5. Wer Sind Wir Denn (3:45)
Side2:
1. Coca (4:38)
2. Seemannslied (3:29)
3. Das Tier (3:55)
4. Tanze Im Regen (4:45)

1980にリリースされたLP『Consequenz』が英国『Sounds』誌のインディーズ・チャートで8位まで上がった後、Skyレコードからのオファーを受けて制作された、全曲ボーカル付きの歌ものアルバム。ポップで聴きやすく、ときにユーモラスで味わいのある曲が並んでいます。

"Seemannslied"や"Coca"は、Conさんが船乗りだった頃の思い出を歌にしたものです。ヴォルフガング・ザイデルさんによると、"Coca"は、船乗りとしてConさんがアフリカのある国を訪れたときの情景を元にした歌だそうです。その国には水がほとんどなく、お金のある人はコーラを飲んでいたそうです。イントロのアレンジがよく作り込まれた"Coca"は、名曲と言ってしまっても過言ではないのでは。"Wer Sind Wir Denn"ではConさんの他、Conさんの奥さん(実は、中学・高校の音楽の先生でもある)Gillieと、息子グレゴール・シュニッツラーがボーカルで参加しています。Conさん本人に確認したところ、その他の曲は、すべてConさんが自分で歌っているそうです。(ヴォルフガング・ザイデルさんが歌っているというデマも以前流れていましたが、それは誤りで、ザイデルさんは歌うのは好きではないそうです。)ただし、歌詞はConさんとザイデルさんが2人で書いたそうです。

ところで、何げに使用されているバッキングの効果音の中には、実は他の「ポップからかけ離れた」作品にも使用されているのと同じテープの断片が含まれていて、もう一つの聴きどころになっています。なお、Conさんは、このLPを33回転だけでなく45回転でも聴くことを提唱しています。

●CD『CON 3』 2006年 キャプテン・トリップ・再発リマスター盤

Con3

リリース数: 1000
リリース元: キャプテントリップ・レコーズ (CTCD558 2006年8月20日)
主な購入先: アマゾン HMV

1. Komm mit nach Berlin "ベルリンへ一緒においで" (3:08)
2. Kohlen "カネ" (3:40)
3. Nächte in Kreuzberg "クロイツベルクの夜" (4:46)
4. Hongkong "香港" (5:25)
5. Wer sind wir denn "我々は何者だ?" (3:48)
6. Coca "コカ" (4:38)
7. Seemanslied "水夫の歌" (3:29)
8. Das Tier "獣" (3:56)
9. Tanze im Regen "雨の中で踊れ" (4:49)
10. Con3.1 (3:59)
11. Con3.2 (2:45)
12. Con3.3 (3:37)
13. Con3.4 (3:47)
14. Seemanslied (Alternative Mix) "水夫の歌(オルタナティヴ・ミックス)" (5:59)
15. Wer sind wir denn (Alternative Mix) "我々は何者だ?(オルタナティヴ・ミックス)" (5:45)

ボーナス・トラックが6曲追加された紙ジャケ、リマスター盤です。ボーナス・トラックのうち、10~12はダブっぽい作りとなっていて、原曲がほとんど分からない程に解体/再構築されています。13はコンピレーションLP『Berliner / Berlin / in Berlin』(1982年リリース)に収録されている曲の別バージョンで、ノリのいい80年代テクノポップです。シークエンスのメロディーとリズム・パターンの長さが一致せず、少しずつずれていくところがポイントです。14、15は共にインストゥルメンタルの別バージョン。なお、本作は歌詞・対訳付きですが、"Coca"(コカ)や"Tanze im Regen"(雨の中で踊れ)などは、メッセージ色の強い歌詞であることが分かります。

関連項目: Conrad Schnitzler、キャプテントリップからCD全4タイトル、2006年8月20日発売

●CD/LP/ダウンロード『Con 3』 2012年 Bureau B・再発リマスター盤



リリース元: Bureau B (BB 122 2012年10月19日)
主な購入先: アマゾン(CD)アマゾン(LP)HMV(CD)HMV(LP)

CDトラックリスト:
1. Kohlen
2. Nächte In Kreuzberg
3. Hongkong
4. Komm Mit Nach Berlin
5. Wer Sind Wir Denn
6. Coca
7. Seemannslied
8. Das Tier
9. Tanze Im Regen
10. Con3.1
11. Con3.2
12. Con3.3
13. Con3.4
14. Seemanslied (Alt. Mix)
15. Wer sind wir denn (Alt.Mix)

本リリースは、2012年10月19日、ドイツのBureau Bよりデジパック仕様のCD、180グラムLPおよびダウンロードでリリースされた『Con 3』のリマスター再発盤です。ライナーノートとレアな写真が付く他、CD版およびダウンロード版には、6つのボーナス・トラックが収録されています。LP版には、4つのボーナス・トラック(CD版の10~13)が収録されています。なお、曲順は、プライベート・リリースのCD-R版『Con3』と同じです。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 09:39 PM | comments (2) | trackback (0) |

CONTEMPORA

【目次】

LP『CONTEMPORA』オリジナル盤
CD『CONTEMPORA』 2008年 キャプテン・トリップ・再発リマスター盤
CD/LP/ダウンロード『CONTEMPORA』 2013年 Bureau B・再発リマスター盤

===================================================

●LP『CONTEMPORA』オリジナル盤

CONTEMPORA

リリース数: 500枚
プライベート・リリース (1981年 CT 1001)

side one:
1-9

side two:
1-4

1981年にプライベート・リリースされた『CONTEMPORA』は、全体的に電子音によるミニマル音楽の傾向があり、基本的に、シーケンサーのベース・パターンに、シンセの発信音や短いメロディー・パターンの繰り返しが絡む作風となっています。リズム音はほとんど使用されていませんが、シーケンサーがリズミカルなノリを創出しています。曲によっては、有機的でユーモラスな感じのものもあります。ビデオ作品集『CON videos 1970's』の1、4、7曲目は、本作品にもサウンドが収録されています。

なお、本作品にはConさんの名前が一切クレジットされていません。ジャケットには、タイトル"CONTEMPORA"のスタンプが押してあるだけです。ただし、インサートやレーベル面にConさんのメガホン・ヘルメット姿が見て取れ、これがシグネチャーとなっています。また、事前予約分には、ドイツの新聞紙が追加のインサートとして付いていて、紙面の"CONTEMPORA"の見出し部分にConさんのサインと指紋スタンプが入っていましたが、まるでデュシャンのレディ・メイド作品を思い起こさせます。(一部、ジャケット・カバーにメガホン・ヘルメット姿のインサートが張り付けてあるコピーも存在します。)

●CD『CONTEMPORA』 2008年 キャプテン・トリップ・再発リマスター盤

Contempora

リリース数: 1000
リリース元: キャプテン・トリップ・レコーズ (2008年4月20日 CTCD-615)
主な購入先: キャプテン・トリップ・レコーズ アマゾン HMV

1-13
<BONUS TRACKS>
14-22

ボーナストラック9曲は、実質ノンストップで作品全体をリミックスしたもの。スタンプ装丁のジャケットや付属のシートと新聞紙を、可能な限り忠実に再現。

※関連項目: コンラッド・シュニッツラー、キャプテントリップからCD全5タイトル、2008年4月20日発売予定!

●CD/LP/ダウンロード『CONTEMPORA』 2013年 Bureau B・再発リマスター盤



リリース元: Bureau B (BB 134 2013年5月24日)
主な購入先: アマゾン(CD) アマゾン(LP) HMV(CD) HMV(LP)

(CDのトラック)
1-13
(Bonus)
14-22

(LPのトラック)
Side1:
1-10
Side2:
1-3
(Bonus)
4-11

本再発リマスター盤『CONTEMPORA』は、2013年5月24日、デジパック仕様のCD、180グラムLPおよびダウンロードで、ドイツのBureau Bレーベルよりリリースされました。ライナーノートが付く他、CD版およびダウンロード版には9つのボーナス・トラックが収録されています。LP版には8つのボーナス・トラックが収録されています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 10:43 PM | comments (0) | trackback (0) |

Conrad Schnitzler / 『DIE WANDELNDE KLANGWOLKE AUS BERLIN』



プライベート・リリース

Seite 1:
Seite 2:

本カセット作品は、1980年、オーストリアのリンツで開催されたアルス・エレクトロニカ・フェスティバルで、Conさんがパフォーマンス・イベント『DIE WANDELNDE KLANGWOLKE AUS BERLIN』(「ベルリンの動く音の雲」の意)を行った際、来場者の一部に配布されたものです。

本カセットは60分テープで、『Context』と同じタイプのサウンドがA面B面に数トラックずつ収録されています。(B面には、『Context』の11トラック目の抜粋と思われるトラックも収録されています。)なお、このカセットは、当時イベント会場内で配布されたのみで、Conさんは、生前、プライベート・リリースのCD-Rとしてはリリースしませんでした。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 05:21 PM | comments (0) | trackback (0) |

Berlin Express / The Russians Are Coming、2019年3月15日、再発リマスター版リリース!!

●Berlin Express / EP『The Russians Are Coming』オリジナル盤



Side1:
1. The Russians Are Coming (4:50)
Side2:
1. Die Russen Kommen (3:31)
2. The 4:08 To Paris (4:08)

プロデュース: Peter Baumann
リリース元: Portrait Records (1982年)

Berlin Expressはコンラッド・シュニッツラー、グレゴール・シュニッツラー、ペーター・バウマン(プロデュース)のプロジェクトです。『The Russians Are Coming』(ロシア人が攻めてくる)のタイトルにふさわしいパンク・ニューウェーブな曲調はLP『Conrad & Sohn』のSide 1(グレゴールの面)の作風に近く、メイン・ボーカルもグレゴールによるものです。なお、Conさんも「Achtung Achtung Alarm!」(警戒警報!)の声でボーカルに参加しています。

●CD-R『CON 3』再発盤 (MECANO独占販売)

Con3

MECANO独占販売のCD-R『CON 3』には、『The Russians Are Coming』より"The 4:08 To Paris"を除く2曲が収録されています。ただし、2曲ともオリジナル盤とバージョンが異なります。タイトル曲"The Russians Are Coming"はショート・バージョンです。

●コンピレーションLP『Berlin / Berliner / in Berlin』



プライベート・リリース (1982年)

1982年に自主制作でリリースされたコンピレーションLP『Berlin / Berliner / in Berlin』には"Die Russen Kommen"が収録されています。(Gregor Schnitzler名義で曲名は"Conspirativ"となっています。)聴き較べた限りオリジナル盤と同じバージョンですが、強いていえば音質が若干異なります。また、Con名義の"Paris"という曲も収録されていますが、こちらは"The 4:08 To Paris"の別バージョンで、オリジナルよりも音数を減らした作りになっています。

●EP Conrad Schnitzler and Dompteur MOONER / 『Rare tracks 1979 - 1982 Re-Edited

Rare tracks 1979 - 1982

DJ マヌー~Moonerが再編集・リミックスしたコンラッド・シュニッツラーのEPに"The 4:08 To Paris"が収録されています。リミックスされているため、オリジナルとはバージョンが異なります。

●CD『Berlin Express/The Russians Are Coming』再発盤(非売品)



80'sワークス・シリーズ」ボックスセットの限定特典です。ボーナストラックとして、CONRAD & GREGOR SCHNITZLER名義の歌もの作品『Roofmusic』全10曲(実質上、『Container T12』と同じ内容)が収録されています。

<BERLIN EXPRESS / The Russians Are Coming>
1. The Russians Are Coming
2. Die Russen kommen
3. The 4:08 to Paris
<CONRAD & GREGOR SCHNITZLER / Roofmusic>
4.-13

※関連項目: コンラッド・シュニッツラー、キャプテントリップからCD全6タイトル、2009年2月27日発売予定!

●Berlin Express / The Russians Are Coming、2019年3月15日、再発リマスター版リリース!!



リリース元: mecanica (MEC039 2019年3月15日)
リリース枚数: 500 (100枚は赤ビニール、400枚は黒ビニール)
主な購入先: mecanica(12'' EP)+デジタルダウンロード(ポーランド) Bandcamp(デジタルダウンロード)

A1. The Russians Are Coming
A2. Die Russen Kommen
B1. The 4:08 To Paris
B2. The Russians Are Coming (Unreleased Mix)

ポーランドのmecanicaより、『Berlin Express / The Russians Are Coming』の再発リマスター盤が12'' EPとデジタルダウンロードでリリースされました。ボーナストラックとして、"The Russians Are Coming"の未発表バージョンが収録されています。

12'' EP盤には2種類あり、赤ビニール盤(部数100枚)にはポストカードが2種類、黒ビニール盤(部数400)にはポストーカードが1種類付いてきます。なお、mecanicaで12'' EP盤を購入すると、デジタルダウンロードも併せて提供されます。(mecanicaよりEP盤を購入後、入手したいオーディオファイル形式(FLACなど)を(英語で)mecanicaにメールで連絡すると、ダウンロード方法を教えてくれます。)

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 09:11 PM | comments (0) | trackback (0) |

Conrad schnitzler + Wolf Sequenza / Consequenz

【目次】

LP『Consequenz』オリジナル盤
CD『Consequenz』 2008年 キャプテン・トリップ・再発リマスター盤
CD/LP/ダウンロード『Consequenz』 2012年 Bureau B・再発リマスター盤

===========================================

●LP『Consequenz』



リリース数: 500
プライベート・リリース (1980年 KS 1004)

side one:
1. Fata Morgana
2. Weiter
3. Tape 5
4. Bilgenratte
5. Afghanistan
6. Lügen Haben Kurze Beine
side two:
1. Nächte In Kreuzberg
2. Humpf
3. M 5 - 477
4. Pendel
5. Wer Gaht Da?
6. Copacabana

1980年に自主制作でリリースされた本作は、Conさんとヴォルフガング・ザイデルさん(クレジット名はWOLF SEQUENZA~ヴォルフ・セクエンサ)による"CONSEQUENZ"シリーズの記念すべき第1作です。"CONSEQUENZ"~「コンゼクエンツ」という名称は、ConさんとSequenzaさんによる「シークエンス」をコンセプトにしたコラボレーションであることを示唆するだけでなく、ドイツ語で「一貫性」という意味を持つ言葉でもあります。

本作はリズミックで聴きやすく、ピコピコ音が印象的なテクノですが、当時、英国『Sounds』誌のインディーズ・チャートで8位まで上がりました。全曲インストゥルメンタルで、リフのメロディーを繰り返すカラオケ的な曲が多いのが特徴ですが、実際のところ、歌を付けて録音したテープを送ってもらうよう、リスナーに呼びかけました。

この呼びかけに応えたリスナーはあまりいなかったのですが、テープを送って来たうちの一人がGen Ken Montgomery~ジェン・ケン・モンゴメリーで、後にLP『ConGen』でコラボレートしたり、"カセット・コンサート"でコンダクター役を行ったりと、生涯、密なつき合いをするきっかけとなりました。

また、De Fabriekも本作に歌を付けたカセット作品『Fabrieks Conseqensus』をリリースしていますが、その後、De Fabriek名義のLP『Labish Intermediariës』およびCD-R『Labische Intermediaries II - 20 Golden Kraut Hits』にConさんが参加するといった、付き合いのきっかけとなりました。

●CD『Consequenz』 2008年 キャプテン・トリップ・再発リマスター盤

Consequenz

リリース数: 1000
リリース元: キャプテン・トリップ・レコーズ (CTCD-614 2008年4月20日)
主な購入先: キャプテン・トリップ・レコーズ アマゾン HMV タワーレコード

1. 蜃気楼(Fata Morgana)
2. ヴァイター(Weiter)
3. テープ5(Tape 5)
4. 舟ネズミ(Bilgenratte)
5. アフガニスタン(Afghanistan)
6. 嘘はじきに馬脚をあらわす(Lugen haben kurze Beine)
7. クロイツベルクの夜(Nachte in Kreuzberg)
8. フンプ(Humpf)
9. M5-477
10. 振り子(Pendel)
11. あそこに行ったのは誰?(Wer geht da?)
12. コパカバーナ(Copacabana)
<BONUS TRACKS>
13.
14.

本再発リマスターCDに収録されたボーナス・トラックの2曲は、共に本編の曲よりも長めで、合計18分以上です。また、本リリースでは、ステッカー付きのジャケットや付属シートを、可能な限り忠実に再現しています。

※関連項目: コンラッド・シュニッツラー、キャプテントリップからCD全5タイトル、2008年4月20日発売予定!

●CD/LP/ダウンロード『Consequenz』 2012年 Bureau B・再発リマスター盤



リリース元: Bureau B (BB 121 2012年10月19日)
主な購入先: アマゾン(CD)アマゾン(LP)HMV(CD)HMV(LP)

CDトラックリスト:
1. Fata Morgana
2. Weiter
3. Tape 5
4. Bilgenratte
5. Afghanistan
6. Lügen Haben Kurze Beine
7. Nächte In Kreuzberg
8. Humpf
9. M 5 - 477
10. Pendel
11. Wer Gaht Da?
12. Copacabana
13. Bonus 1
14. Bonus 2

本再発リマスターは、2012年10月19日にドイツのBureau Bレーベルより、デジパック仕様のCD、180グラムLPおよびダウンロードでリリースされました。本リリースには、ライナーノートとレアな写真が付く他、CD版およびダウンロード版のみ、2つのボーナス・トラックが収録されています。

| Consequenz::音楽作品解説 | 11:26 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /    OLDER >


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY