<< HOME /    OLDER >

Rot

【目次】

LP『Konrad Schnitzler: Rot』 オリジナル盤
ボックスセット『Konrad Schnitzler: Eruption』
CD『Rot』 Plate lunch 1997年・再発盤
CDR『Rot』 Plate lunch 1999年(?)・再発盤
LP『Rot』 Very good 2002年・再発盤
CD『Rot』(ロート 赤) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤
CD/LP/ダウンロード『Rot』 Bureau B 2012年・再発リマスター盤

===========================================

●LP『Konrad Schnitzler: Rot』 オリジナル盤

ROT

side one: Meditation (20:00)
side two: Krautrock (20:10)

リリース数: 500
プライベート・リリース (1973年) (KS 1002)

シンセサイザー EMS Synthi Aを購入した1972年に制作された作品。その翌1973年に、Conさんの作品中、初めてシンセサイザーを用いたLPとしてプライベート・リリースされました。静かに始まるSide1の"Meditation"では、シンセサイザーやリズムマシンの他、フルートらしき音色も聞こえます。グルーブ感のあるSide2の"Krautrock"では、シンセサイザーやリズムマシンの他、エレキギターやオルガンらしき音も聞こえます。

なお、生前Conさんに確認したところ、この"Krautrock"など、Edition Blockからリリースされた『Rot』、『Blau』、『Grün』の収録曲のタイトルは、Conさんが自分で付けたものではなく、すべて他人が付けたものとのことです。

また、本作のワイルドな作風からRot(赤)という色そのものを連想することもあるかと思いますが、Conさんに確認したところ、ジャケットの色は収録作品のイメージとは無関係だそうです。これは、『Blau』にもいえることですが、ジャケットの色紙は、LPを自主制作する上で、単に入手が容易だったため、各作品が識別しやすいよう使用しただけとのことです。

●ボックスセット『Konrad Schnitzler: Eruption』

Work in progress

詳細は、以下の関連項目を参照してください。

※関連項目: ボックスセット 『Konrad Schnitzler: Eruption』

●CD『Rot』 Plate lunch 1997年・再発盤

Rot

1. Meditation (19:44)
2. Krautrock (20:09)

リリース数: 1000
リリース元: Plate lunch (1997年)

●CDR『Rot』 Plate lunch 1999年(?)・再発盤



1. Meditation
2. Krautrock

リリース元: Plate lunch (1999年?)

●LP『Rot』 Very good 2002年・再発盤

Rot

side one: Meditation (20:00)
side two: Krautrock (20:10)

リリース元: Very good (2002年)

赤のカラー・レコードです。レーベル面は、片面に「A」と表示されていて、もう片面は何も書かれていません。これは、Conさんの本来のコンセプトを反映したもので、"Music in the dark"(暗闇の中で、他に一切の情報や先入観なしに、ただ音楽だけが流れる)の考えにつながるものとなっています。

●CD『Rot』(ロート 赤) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤

Rot

1. Meditation "メディテーション" (19:44)
2. Krautrock "クラウトロック" (20:14)
3. Red Dream "レッド・ドリーム" (24:24)

リリース数: 800
リリース元: キャプテントリップ・レコーズ (2006年)
主な購入先: アマゾン HMV

本編の各曲よりも長いボーナス・トラックの"Red Dream"は、途中から挿入されるリズム・マシンのテンポが徐々に速まっていくのが印象的で、曲に展開があり、聴き応えのある大作です。

※関連項目: Conrad Schnitzler アーリー・カラー・ワークス再発盤 (2006年4月5日発売)

CD/LP/ダウンロード『Rot』 Bureau B 2012年・再発リマスター盤



CDトラックリスト:
1. Meditation
2. Krautrock
3. Red Dream (Bonus)

リリース元: Bureau B (BB 102) (2012年6月15日)
主な購入先: アマゾン(CD)アマゾン(LP)HMV(CD)HMV(LP)

本リリースは、2012年6月15日にドイツのBureau Bレーベルより、デジパック仕様のCD、180グラムLPおよびダウンロードでリリースされた再発リマスター盤です。LP版は、内袋に英語・ドイツ語のライナーノートとレアな写真が付いています。CD版およびダウンロード版は、ライナーノートとレアな写真の他、ボーナス・トラック"Red Dream"が収録されています。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:31 AM | comments (0) | trackback (0) |

再発リマスター盤『Kluster: 1970-1971』

Kluster 1970-1971

リリース元: water (2008年5月20日)
主な購入先: アマゾン アマゾン(マーケットプレイス) HMV

Disc One: Klopfzeichen
1. Kluster 1 (electric music) und Texts
2. Kluster 2 (electric music)

Disc Two: Zwei-Osterei
1. Electric Music und Texts
2. Kluster 4

Disc Three: Eruption
1. Eruption 1
2. Eruption 2

3枚組CDの本リリースは、Klusterの3作品『Klopfzeichen』、『Zwei-Osterei』、『Eruption』の、2008年再発リマスター盤です。(ディスク3の『Eruption』は、通称『SCHWARZ』のことです。)

本リリースには、12ページのブックレットが付いていて、英語のライナーノートや各3作品のクレジット等が掲載されています。
ジャケットの写真は、前列右がConさん、左がメビウス、後ろにいるのがローデリウスです。なお、Conさんによると、本リリースはConさん自身が主体となって再発したものではないそうです。

※正式なタイトルは、リリース前にアナウンスされていた 『Kluster: 1969-1971』から、『Kluster: 1970-1971』へと変更になりました。

| Kluster::音楽作品解説 | 11:39 PM | comments (3) | trackback (0) |

『Broken Music: Artists' Recordworks』復刻版、2018年10月リリース!!!!

●オリジナル版『Broken Music: Artists' Recordworks』



リリース元: Berlin Berliner Knstlerprogramm des DAAD, Berlin Gelbe Musik (1989年)

『Broken Music: Artists' Recordworks』は、ドイツ語・英語のアート・レコードのカタログ本で、Conさんの作品も掲載されています。本カタログに掲載されたレコードは、1986年にドイツで開催された展覧会の出展作品が元になっています。その展覧会のキュレートをした中心人物は、Edition Blockを運営するレネ・ブロックです。レネは、フルクサスの拠点の一つにもなっていたギャラリーBlockも60~70年代に運営していて、本カタログにも、多くのフルクサス・アーティストの名前を見つけることができます。なお、Conさんは、当時、フルクサス・アーティストの一人だったヨゼフ・ボイスからレネ・ブロックを紹介してもらいました。ボイスが才能を認めた生徒とのことで、温かく迎え入れてもらったそうです。その縁で、ConさんはギャラリーBlockでアートイベントを行ったり、また、1974年にはEdition Blockよりボックスセット 『Eruption』(通称Work in progress)をリリースすることになりました。

●復刻版『Broken Music: Artists' Recordworks』



リリース元: Primary Information (2018年10月)
リリース部数: 2000
主な購入先: アマゾン

入手困難のため高値で取引されていた本書の復刻版が、2018年10月に2000部限定でリリースされました。

| Conrad Schnitzler::Conさん あれこれ | 01:03 PM | comments (0) | trackback (0) |

Kluster / Eruption

【目次】

LP『Kluster: Eruption』 オリジナル盤
ボックスセット『Konrad Schnitzler: Eruption』
CD『Kluster: Eruption』 Marginal Talent 1997年・再発盤
CD『Conrad Schnitzler: SCHWARZ』(シュヴァルツ 黒) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤
3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 Water 2008年・再発リマスター盤
CD/LP/DL 『KLUSTER: Schwarz (Eruption)』 Bureau B 2012年・再発リマスター盤

===========================================

●LP『Kluster: Eruption』 オリジナル盤

Eruption

side one: Eruption 1
side two: Eruption 2

リリース数: 200
プライベート・リリース (1971年) (KS 1001)

本作は、Conさん、ローデリウス、メビウスのメンバーで最後に行った、1971年のゲッチンゲン大学でのKlusterライブ音源を、レコーディング・エンジニアのクラウス・フロイディグマンとConさんが編集したものです。メロディアスな要素のないサウンドを電気的に加工・処理するコンセプトはKlusterの前2作と同じですが、本作は前2作とは異なり全編イントゥルメンタルです。

当時、本作を自主制作でリリースするに当たり、Conさんは1人で全額負担しました。なぜならば、ローデリウスとメビウスからは、商業的な成功は得られないとの理由で出資を断られたためです。なお、ローデリウスとメビウスは、このライブの後にKlusterから抜け、二人だけでClusterを結成することになります。また、Conさんによると、当時、本作に対して、コニー・プランクからも嘲笑を浴びせられたそうです。

本作は、1974年にEdition BlockからKonrad Schnitzler名義で『Eruption』ボックスセットにより再発された際、『SCHWARZ』(シュヴァルツ~黒)の名で呼ばれた経緯により、その後も通称『SCHWARZ』と呼ばれていますが、オリジナルのタイトルは『Eruption』です。以下は、本作のレーベル表記です:

Kluster - Eruption
Schnitzler - Roedelius - Moebius - Freudigmann

●ボックスセット『Konrad Schnitzler: Eruption』

Work in progress

詳細は、以下の関連項目を参照してください。

※関連項目: ボックスセット 『Konrad Schnitzler: Eruption』

●CD『Kluster: Eruption』 Marginal Talent 1997年・再発盤

Kluster - Eruption

1. 31:04
2. 25:30

リリース元: Marginal Talent (1997年3月1日)
主な購入先: アマゾン

本リリースは、1997年にドイツのMarginal TalentよりリリースされたCD再発盤です。

●CD『Conrad Schnitzler: SCHWARZ』(シュヴァルツ 黒) キャプテントリップ 2006年・再発リマスター盤

Schwarz

1. Eruption 1 "イラプション1" (30:59)
2. Eruption 2 "イラプション2" (25:09)
3. Eruption Soundcheck "イラプション・サウンドチェック" (4:26)

リリース数: 800
リリース元: キャプテントリップ・レコーズ (2006年)
主な購入先: アマゾン HMV

ボーナストラックの3トラック目は、Klusterからローデリウスとメビウスが抜けた後に、コンラッド・シュニッツラー、クラウス・フロイディグマン、ヴォルフガング・ザイデルの3人で行った未発表Kluster Eruptionセッションの音源です。

※関連項目: Conrad Schnitzler アーリー・カラー・ワークス再発盤 (2006年4月5日発売)

●3枚組CD『Kluster: 1970-1971』 Water 2008年・再発リマスター盤

Kluster 1970-1971

詳細は、以下の関連項目を参照してください。

※関連項目: 再発リマスター盤『Kluster: 1970-1971』

●CD/LP/DL 『KLUSTER: Schwarz (Eruption)』 Bureau B 2012年・再発リマスター盤



1. Eruption 1 (31:04)
2. Eruption 2 (25:30)

リリース元: Bureau B (BB 112) (2012年11月16日)
主な購入先: アマゾン(CD) HMV(CD)HMV(LP)

本リリースは、2012年にドイツのBureau BレーベルよりCD、180グラムLPおよびダウンロードで再発されたリマスター盤です。ライナーノートが付いてます。

| Conrad Schnitzler::音楽作品解説 | 11:41 PM | comments (0) | trackback (0) |

デジタルアルバム『Generator RVA: Now Playing』



リリース元: SEDIMENT (2017年10月6日)
購入先: Bandcamp

デジタルアルバム『GENERATOR RVA: NOW PLAYING』には、2017年10月6日~29日に開催された本イベントのライブ音源が収録されています。イベント期間中、ジェン・ケン・モンゴメリーやTommy Birchettにより行われたConさんのライブ・コン・サートの音源も含まれます。なお、本リリースは無料でダウンロードすることも可能です。

| その他::音楽作品解説(オムニバス) | 12:53 PM | comments (0) | trackback (0) |

<< HOME / TOP /    OLDER >

ARCHIVES

<前月 2018年11月 次月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

RECENT ARTICLES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


CATEGORIES

LINKS

NEWS

POWERED BY